ワキガの原因と脱毛施設で脱毛を受けることでワキガの臭いを改善できる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇毛の自己処理の際に毛抜きで毛を抜くとなりやすい傾向にあります。

なぜなら、毛を抜くことで脇の肌に刺激を与えるからです。

その影響により、脇に存在するアポクリン腺が活発化するので、アポクリン腺から出る汗の量が多くなります。

また、アポクリン腺は毛穴に隣接しているのでエクリン汗腺から出る汗と混じり、ワキガの臭いを放ちます。

そして、ワキガの臭いはアポクリン腺から出る汗が多くなるにつれて、汗が脂質や糖質を多く含むようになります。

なので、毛抜きによる誤った自己処理を脇に施すことで、ワキガを進行させることになります。

そのため、脇毛を処理する際に脱毛施設を利用することで、アポクリン腺を刺激しないだけでなくワキガを悪化させるリスクを抑えれます。

サロンやクリニックでの脱毛処理

脱毛施設となるサロンやクリニックで行われる脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛となるので毛を抜く処理は行われません。

けれども、サロンは医療機関でない上に光脱毛はレーザー脱毛より効果が劣るので、脱毛効果に拘るならクリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。

ちなみに、脱毛施設で脱毛を受けると脇毛の毛根を破壊することができるので、脇毛の生え方を遅くできます。

さらに、脱毛施設に通うほど脇毛の生え方がより遅くなる上に、最終的に脇毛が完全に生えない状態となります。

つまり、脇毛が無くなることで誤った自己処理を脇に施す必要がなくなるので、アポクリン腺を刺激する恐れが無くなります。

それに加えて、脇毛がなくなるとアポクリン腺の汗が脇毛につかなくなるので、ワキガの臭いを抑えることが可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*