産後の濃いムダ毛を処理する方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠中に女性ホルモンが胎児の体に行き渡る影響により、男性ホルモンの割合が増します。

そのため、産後のホルモンバランスは乱れる状態となるので、肌の状態にも影響を与える形になります。

その上、男性ホルモンの割合が多くなるので、妊娠前と比べて濃いムダ毛が増えます。

なので、産後に剃刀を使ってムダ毛処理を施すと、妊娠前より力の加減がしにくくなるので深剃りするリスクが高まります。

なぜなら、産後は肌が敏感になる他にも濃いムダ毛が増えるからです。

肌の保湿を欠かさないことが重要

肌が外部からの刺激を受けやすいので、肌が剃刀負けして肌が荒れたり赤く腫れることになります。

さらに、産後の肌は乾燥の影響も受けやすいので、肌を保湿せずに剃刀でムダ毛処理を施すと、肌の乾燥を招く原因に繋がります。

理由として、産後は赤ちゃんの面倒を見る時間が必要となるので、ムダ毛処理の時間を短縮しがちになりやすいからです。

そのため、ムダ毛処理に割く時間を減らしつつ肌を傷つけない方法として、電動シェーバーがお勧めです。

電動シェーバーの刃は、肌に直接触れない構造となっているので、産後の敏感な肌であっても剃刀負けする恐れがないです。

その上、電動シェーバーは剃刀と違って濃いムダ毛であっても深剃りせずに剃りやすいので、深剃りによって肌を傷つけるリスクを減らすことも可能となります。

また、産後の肌は乾燥しやすいので、電動シェーバーを使う際も剃刀と同じように肌の保湿を欠かさないことで、ムダ毛処理によって肌が乾燥するのを防げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*