埋没毛ができる原因と埋没毛を解消する方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
肌に黒いぶつぶつができる原因は、誤った自己処理を肌に施すことで皮膚の中で毛が成長するからです。

特に、生えている毛を毛抜きで抜くことによって皮膚の中に埋もれている毛ができやすくなります。

他にも、埋没毛は毛を剃る際にもやり方を誤るとできやすくなります。

そして、埋没毛は脇や足といった濃い毛が生える部位に生えやすい上に、デリケートな部位であるビキニラインにも生えてきます。

さらに、埋没毛は放置することで炎症を起こすことになるので、黒いぶつぶつが毛嚢炎になる原因にも繋がります。

クリニックでレーザー脱毛を受けるのが1番早い

埋没毛から毛嚢炎になると肌荒れの原案に結びつく上に、炎症の跡が色素沈着の原因となります。

そのため、埋没毛を解消するのに手早い方法となるのは、クリニックでレーザー脱毛を受けるのが1番早いです。

けれども、レーザー脱毛は費用が高く掛かるという難点がありますが、それでも受けることで埋没毛に悩まされにくくなるというメリットがあります。

他にも、埋没毛を解消するには皮膚の中に残っている毛をニードル脱毛で脱毛することで、毛嚢炎を防ぐこともできます。

ただし、ニードル脱毛はレーザー脱毛よりさらに費用がかかることになるので、レーザー脱毛の方がお勧めされます。

とはいえ、ニードル脱毛にはレーザー脱毛にないメリットとして、一度脱毛を施した部位から無駄毛が生えなくなります。

つまり、埋没毛を解消するためにレーザー脱毛かニードル脱毛を受けるかは、無駄毛を処理したいかで選ぶのがポイントとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*