脱毛サロンの勧誘の断り方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘を断るために

勧誘を断る女性
脱毛サロンに初めて通う際は、体験コースを受けると勧誘されてその日の契約を勧められる形になります。

そのため、脱毛サロンを利用する場合は体験コースに行くことで勧誘される前提で行くのが基本となります。

けれども、脱毛サロンでの勧誘の断り方を予め知らないと、スタッフによって勧誘されるがままに契約する可能性が高まります。

なぜなら、通う脱毛サロンを決めるのは、自分に合っているかどうかを直接確認するのが主な目的となるからです。

お金を使う主導権がないことを主張する

多くの店舗で体験コースを受けると、体験コースを利用する度に勧誘されることになります。

とはいえ、スタッフのペースに乗せられなければ、勧誘をうまく断りやすくなります。

そのため、相手が強く勧誘に出れなくなれば、勧誘するのを諦めてくれます。

特に、家族に相談しないとお金を自由に使えない旨を伝えると、お金を使う主導権がないことを相手にきちんと伝えれます。

それでも、スタッフがキャンペーンによる割引を強く勧めてきますが、相手に合わせず家に帰ってから決めることをはっきり言うのがポイントとなります。

お金を使う主導権がないことを主張することは、脱毛サロンを利用する可能性が低いことを伝えることにもなります。

なので、脱毛サロンの体験コースを利用した後は、家族と相談して脱毛サロンを利用すべきかどうかを相談するのが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*