家庭用脱毛器の購入でガッカリしないコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、脱毛がずいぶん身近になり、わざわざサロンや医療クリニックに通って施術を受ける人も多くなってきました。

ただ「店に行きたいけどヒマがない」「契約したり予約を取るのが邪魔くさい」「股間やお尻などをスタッフに見られるのが嫌」といったことで店や医院に通えない、あるいは通いたくない人もいます。

そんな人たちの間で人気を呼んでいるのが家庭用脱毛器です。

「自分も買って試してみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ値段は安くありませんし、機種が多すぎてどれを選べばいいのか困ってしまうほどです。
安直に買ってガッカリしないためにも、脱毛方式の種類や効果、選び方のコツについて、事前に把握しなければなりません。

そこで、このサイトを作ってみました。家庭用脱毛器を買いたい、という人のために、ガッカリしないための選び方等について、説明していこうと思います。

家庭用脱毛器の発売と普及について

家庭用脱毛器
脱毛の歴史上画期的とされた理論、「選択的光熱凝固理論」が発表されたのは、1980年代になってからのことです。
その理論に基づくマシンが欧米で実用化されたのが1990年代、そして2000年代に入って日本でも特殊な光を使った脱毛機器が普及するようになります。

ただ、それらはあくまでプロが使う大型マシンで、家庭での自己処理のツールはまだカミソリ、毛抜、クリームなどしかありませんでした。

そんな中、2005年になって家庭用脱毛器「アイエピ」が売り出されます。

以前もライトによる脱毛器は販売されてはいたのですが、いずれも脱毛効果が高いとは言えず、「珍奇な新商品」という域にとどまっていました。ところがこの「アイエピ」はきちんとムダ毛が処理できるというので大変な評判となり、脱毛器を家庭に普及させる原動力となったのです。

そして2009年になって「イーモ」、2012年に「ケノン」の発売が始まり、一気に脱毛器市場が拡大。現在の小ブームをもたらすことになります。

ムダ毛で悩んでいた人にとって、家庭用脱毛器の発売は大きなニュースでした。

何しろサロンや医療クリニックの施術では、肌がツルツルになるまで数ヶ月から数年はかかります。
通うのがイヤになる人も多いですし、10万円以上の費用を覚悟しなければなりません。

それが家庭用脱毛器なら、プロ並みの効果が期待できる上に費用も大幅に節約できるのですから、すぐに売れ筋商品となったのも当たり前でしょう。

ただ脱毛器は、自分に合った機種を選ぶのが容易ではない、と言われています。
以下で説明する利点・難点や方式の良し悪しをしっかり把握して、自分にふさわしい脱毛器を見つけ出して下さい。

家庭用脱毛器選びで見逃せないポイントとは?

見逃せないポイント
下のセクションでも解説していますが、家庭用脱毛器には何種類かの脱毛方式があり、その違いが効果にあらわれます。

ですから買う側にも機種に関する知識が要求され、「たまたまバーゲンで値引きしていたから」といった理由で購入してしまうと、結局はガッカリする結果に終わります。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためには以下のようなポイントに気をつけましょう——

どれほどの照射出力があるか?

脱毛効果というのは個人個人によって感じ方が違うので一概にはいえませんが、脱毛器の照射出力が大きいほど効果も高い、というのが普通です。とにかく効果を重視したい人は、照射出力の大きいものがおすすめです。

ただ、出力が強まるとそれだけ毛穴や肌に刺激を与えやすく、火傷などの肌トラブルにつながる可能性もあります。トラブルを避けるには、出力を変えられる機種を選ぶべきです。

照射範囲はどれくらいなのか?

1回の照射でどれだけのムダ毛を処理できるかは機種によってかなり違うので、買う前にしっかりと調べておきましょう。

スムーズに手入れできないと処理自体が嫌になります。
「せっかく買ったけど三日坊主に終わった」ということにならないためにも、照射範囲の数値はしっかりチェックして下さい。

自分が脱毛したい部位に対処できるか?

人によってムダ毛をなくしたいパーツは違います。

家庭用脱毛器を購入する際は、「自分がどのパーツの処理に使う予定か」そして「その機種がどんな部位に使えるのか」を調べて下さい。

特に「顔」や「VIO」を処理したい人は注意しなければなりません。
全身脱毛はできても、デリケートな部位には対処不可のものが少なくありません。

公式サイトには対応部位が記載されてありますから、あらかじめチェックするようにしましょう。

コストパフォーマンスはどうか?

脱毛器の購入についてよく耳にするのは、本体そのものは格安で手に入れたのに、消耗品のカートリッジの価格が高くてガッカリする、というもの……。

家庭用脱毛器にはたくさんの機種があります。値段だけとっても2万円以下の安いものから、10万円を越えるハイレベルなものまで色々そろっていますが、ムダ毛を処理すると必ず消耗するカートリッジの維持費を忘れてはいけません。

脱毛器を買うと決めたら、本体の値段はもちろんのこと、カートリッジの価格、そしてその交換頻度についてもあらかじめチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器を使用する上でのメリットとデメリット

メリットとデメリット

メリット

・プロに任せるのに比べ、半分以下のお金でムダ毛処理ができる
・施術場所に出向く必要がなく、交通費と時間が節約できる
・他人に見られるのがイヤな部位も、思う存分脱毛できる

デメリット

・目で確認しにくい部位(うなじ・背中・ヒップ)の処理は、人の助けがいる
・自分で何もかもやらなければならないので、使うのがイヤになる
・脱毛処理に伴う肌トラブルの予防と対処が結構面倒くさい

家庭用脱毛器を使えば永久脱毛もできる?

永久脱毛もできる?
一言で言えば、家庭用脱毛器はサロンや医療クリニックの器械の小型版です。脱毛の原理自体は全く変わりません。

ただ、照射で起こりがちな火傷などを防ぐため、出力は相当抑えられています。そのため、いわゆる永久脱毛はできないようになっています。

ちなみに、永久脱毛はサロンや医療クリニックならどこでも可能というわけではありません。サロンに関しては施術はあくまで「抑毛」効果しかなく、毛はいずれ復活します。

永久脱毛したい人は、レーザーの施術ができる医療クリニックに出かけて下さい。

家庭用脱毛器の脱毛方式に関して

脱毛方式に関して
家庭用脱毛器で用いられている脱毛方式について、いくつか解説してみましょう——

フラッシュ式

フラッシュ式は家庭用脱毛器で1番ポピュラーな脱毛方式です。サロンのマシンと同じ原理で、IPLという特殊な光を使います。

この光を肌に当てると、表皮の奥の毛根部位が熱による損傷を受けます。そして長期に渡って照射をするうちに発毛器官が衰えていき、毛が伸びなくなっていくわけです。

第1の特徴はIPLの照射口が大きく、1ショットでムダ毛を処理できる面積が広いこと。そのために手入れも素早くでき、背中・腕・足といった広い部位には最適といえます。

照射出力は肌トラブルを起こさないように抑えられているので、安全性もバッチリ。また、痛みもほとんど感じずにすみます。

デメリットは、脱毛完了までの日数が長い点。それでも1年ほどIPLを当てていると、自己処理が不要になってきます。

レーザー式

医療クリニックで活用されているのがレーザー式脱毛です。ムダ毛にレーザー光が反応し、熱エネルギーに変化。その結果、毛根部位が損傷され、毛の発育が止まります。

光の照射範囲が狭いため、指などの細かい部位や脱毛しづらい剛毛を手入れしたい時にピッタリです。

脱毛完了までの日数も短く、3ヶ月も経てば効果が実感できます。

ただ背中・足といった広いパーツには向いていません。1回照射するのに手間と時間が必要で、打ち漏れも起こりやすくなります。

また、照射時の「痛み」も見逃せない欠点です。「痛みは思っていた以上で、うわっと叫んでしまった」「照射の直前は痛みを想像して冷や汗が出る」といった口コミがネットで見受けられます。

特に痛みを感じやすいのは脇、デリケートゾーン、骨付近のスネといったところで、もしこれらの部位を処理するのなら出力をかなり下げたほうがいいでしょう。

あと、レーザーが黒い部分(シミ、ホクロ、日焼け)に反応する場合があるので、シールやカバーをするか、照射そのものを止めるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ムダ毛をピンセット状の金属の先端でつかみ、微弱な電流を流すことで発毛をストップします。
光を用いないため、眉、額の生え際といった目の付近の部位も処理ができます。

また、他の方式では日焼け肌の毛・白髪は手入れが難しいのですが、高周波なら問題なく処理可能です。

ただ、1回の処理に手間と時間が必要なので、広い部位には向いていません。スピーディに手入れを終えたいのなら、フラッシュ式の方がいいでしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式は、いずれも熱を使って毛根に損傷を与え、発毛を阻害するというもの。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根への影響はありません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドに付けられた熱線によってムダ毛を手入れします。肌表面から外に出ている部分を焼き切るだけなので、毛は再び生えてきます。

ただ、毛先がカミソリの処理と違って丸くなるため、チクチクがイヤな人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーを肌に転がしてそのスリットにムダ毛を絡ませ、根こそぎ引き抜きます。

方法は毛抜と変わりませんが、広範囲をさっと処理できるのが利点です。
もちろん毛穴や肌に大きな刺激を与えるので、おすすめはしません。

家庭用脱毛器の価格はいくら?

価格はいくら?
家庭用脱毛器を買おうと考えた時、まず気になってしまうのがその価格でしょう。

ここでは各種のサイトを参考に、主要な家庭用脱毛器の値段をまとめてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も合わせて書いておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方cm
ワンショットあたりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショットあたりの単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方cm
ワンショットあたりの単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショットあたりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方cm
ワンショットあたりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方cm
ワンショットあたりの単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方cm
ワンショットあたりの単価…0.29円

一覧のうち、1番高価なのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番安いのは光エステの25,200円です(ちなみにさらに格安のものもあるのですが、それらは本当は「除毛器」なので取り上げていません)。

すでに説明したように、買う時にはカートリッジの価格を考慮しなければなりません。一覧には書きませんでしたが、カートリッジの値段がどれくらいなのか、自分でチェックしておきましょう。
本体とカートリッジの総額を比較することで、本当の値段の違いが分かります。

そして、1ショットの単価も重要です。

一覧を見て、「1ショットあたりの差額なんて問題にならない」と思う人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1回光を当てるだけでは終りません。2週間に1回の割で照射を続けていきます。つまり1ショットの少しの差額でも、蓄積されることでかなりの違いとなるのです。

最後に「照射範囲」のチェックも不可欠です。ショットの数は1回の照射範囲が大きいほど減少していきますから、その数値が大きい方がカートリッジも消耗せずにすみます。

なお、一覧では4xの照射範囲が狭いのですが、これは4xがレーザー式だからです。
フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンと比べると、相当な違いがあります。

広い部位を手入れしたい場合は特に、ワンショットの単価と照射面積をチェックしておきましょう。

以上、家庭用脱毛器の特徴やその選び方、利点・難点について解説してみました。いかがだったでしょうか?

何度も書いたように、家庭用脱毛器はその機種&方式によって効果が相当違ってきます。その詳細をあらかじめ知っておくことが、賢い購入のコツとなります。

ぜひ自分の目的・予算に合った機種を選び、楽しい脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*