プロの手で産毛の脱毛を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「顔に生えている毛」と聞くと、男性のヒゲを連想する人も多いでしょう。
しかし、女性にも多くの毛穴があって、そこから産毛が伸びています。

あるスキンケアに関する調査レポートによると、自己処理を欠かさない顔の部位で多かったのが「鼻の下」と「口周り」でした。

両方とも伸びたままにしておくとヒゲのように見えますから、定期的に剃ったり抜いたりするのは当然でしょう。

ただ、カミソリや毛抜きを長年使い続けると色素沈着を起こすことがあり、肌のコンディションが悪くなりがちです。

また、産毛というのは化粧のノリを悪くします。いつも肌の手入れに気合を入れている人にとっては、とにかくイライラする存在でしょう。

こんな産毛の悩みを永遠に解消しようと、最近はサロンと契約して脱毛してもらう女性が増えています。

むかし、サロンの顔脱毛はキャンペーンの対象とならないことが多く、その料金も決して安いとはいえませんでした。

ところが近年、効率的な施術方法が次々と生み出され、費用は気軽に利用できるレベルにまでダウンしています。さらにサロンも続々とオープンして値引き競争を行っていますから、脱毛を初体験するなら今がチャンスです。

とはいっても、これまでサロンに行ったことのない女性にとって、契約した上で施術に通うというのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは、顔脱毛に関する情報やオススメのサロン、さらに、施術を続けるうちに生じがちな疑問点についても、解説してみることにしました。

以下の文章が、産毛の処理で悩んでいる女性の一助になれば幸いです。

現在の脱毛方法はどうなっているのか

顔脱毛の詳細について解説していく前に、まず現在行われている脱毛方法はどのようなものなのか、簡単に説明しておきます。

かつては脱毛の施術というと、「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)が一般的でした。特別に作られたプローブという針を毛穴に突き刺し、電気を流して毛根を破壊していたのです。

これは毛根にダメージを与える点では抜群なのですが、何しろ毛穴ひとつひとつに針を刺していくわけですから、痛みがともなうのは避けられません。
おかげで、「脱毛は痛くてツラい」という印象が広まってしまいました。

やがてこの脱毛方法は効率の悪さもあって廃れました。代わって現在主流になっているのが「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。レーザー系の特殊な光を毛の伸びた肌に照射していきます。

光といっても色々な種類があるのですが、そのうちサロンで広く用いられているのが「IPL(インテンスパルスライト)」。

このライトはメラニン色素に反応する特質を持ち、表皮を経て毛根に達すると熱エネルギーへと変化。毛乳頭、毛母細胞といった発毛を司る組織に破壊的なダメージを与えるのです。

もともとIPLのマシンは、エステで使われていた美肌ケアの機器。ところが顧客の間で「毛が生えなくなった」という感想が寄せられ、そのことから脱毛用にも使われるようになったのです。したがって元々シミなどにもケア効果があり、施術によって肌のコンディションも改善されていきます。

近年ではこのIPLの外にも、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった様々な新方式が発明され、施術方法も多種多様になってきました。

これらの方式は「痛みが少ない」「より短期間で脱毛を完了できる」などの特徴を備えているので、メリット・デメリットを理解した上で自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

施術できる顔の部位はサロンによって違う

顔脱毛で注意が必要なポイントのひとつは、サロンによって施術できる部位が違う、ということ。

あるアンケートによれば、施術を希望する顔の部位トップスリーは、鼻の下、眉間、アゴとなっています。しかし、これらの部位が施術できるかできないかは、サロンの選び方次第で違ってきます。

たとえば、有名サロンの施術可能部位を並べてみると——

ディオーネ……額、頬、鼻、鼻下、顎

脱毛ラボ……もみあげ、鼻下、顎

ミュゼ……鼻下、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、鼻下、頬、口周り、顎

という感じで、各店が同一ではありません。

ということで、店の宣伝に「顔脱毛もやります」とうたってあったとしても、こちらの希望する部位を確実に脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンに出かけたのに「そこは施術できません」と言われるとガッカリしますから、脱毛可能な部位についてはサイトなどでしっかり調べておきましょう。

顔脱毛の平均料金—サロンとクリニックの違い

初心者が顔脱毛を決心した時、つい考えてしまうのは、

「料金はどれくらい必要なのか?」

ということでしょう。

有名サロン20社からデータを取り、顔脱毛の平均費用を算出してみると、「41,033円」という結果になりました。

これが「高い」のか「安い」のか——。そこはその人の考え方次第でしょう。

ちなみに顔脱毛をする場合は、専門の医療クリニックも選択肢のひとつとなります。

こちらもサロン同様データがあったのでその平均を出してみたところ「131,325円」という金額になりました。

つまり医療クリニックで脱毛する場合、サロンの3倍以上の費用が必要なわけです。

「13万はちょっと高すぎる」と思う人もいるかもしれませんが、クリニックでは「永久脱毛」が可能で、これだけの高額な費用に見合った施術を受けられます。

サロンを選ぶかクリニックを選ぶか——。料金と結果をじっくりと考慮し、自分の条件に合ったところで施術を受けて下さい。

初心者ならまず「お試しコース」を体験すべき

サロンも”お得”と称して色々なプランを勧めていますが、その中で初心者にピッタリなのが「お試しコース」です。

実際に施術を体験することでそのサロンの接客態度、脱毛技術、サービスなどが分かり、正規プランの参考になります。

なお申し込みは、店に直接連絡するより、特典付きのネット経由の方がお得です。行きたいサロンのサイトを開き、料金や条件を細かくチェックした上で手続きします。

その後はいよいよサロンに足を運ぶわけですが、まず最初に行われるのはカウンセリングです。

内容は、プランについての説明、希望部位や病歴の聞き取り、そして脱毛に関するガイダンスなど。絶好の機会なので、

「脱毛完了まで何ヶ月くらいかかるのか?」
「採用されている脱毛器は何か?」
「永久脱毛はできるのか?」

など、細かく質問してみましょう。

初日はこのカウンセリングだけで終わり、後日、施術を受けることになります。

施術の時は——

・スタッフのサービスの良し悪し
・施術に痛みがともなうのかどうか?
・術後の肌の保湿への気配り

などをしっかりチェックしましょう。

これで満足したら、そのまま契約へ進むことになりますし、不満だったら契約はせず、他のサロンをチェックすることになります。

最近は脱毛ブームということでサロンも次々と新規開店していますから、自分にピッタリのところにきっと出会えるはずです。

迷ったら「キレイモ」か「ジェイエステティック」にすべき

顔脱毛で人気を呼んでいる2つのサロンを紹介します。

最初は「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、渡辺直美、板野友美などが出ているテレビCMのせいで「知っている」という人も多いでしょう。

ここの顔脱毛の特徴は、他店よりも施術できる箇所が多いこと。そのため、他店に満足できずにキレイモに来た、という女性もいます。

続いてオススメするのは、「ジェイエステティック」。

ここで人気があるのが「フェイス6」。1回当たりの施術料が2,500円しかかからないので、人気を呼ぶのも当然でしょう。「リーズナブルな料金で顔脱毛がしたい」という人には最適。

「顔脱毛をしたいけど、どのサロンに行くべきか迷っている……」という女性は、ぜひ上記の2店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛の基本的な情報をお届けしました。

これ以降は、施術を続けるうちに生じる疑問点や、脱毛に当たっての要注意ポイントについて紹介していきましょう。

歯の治療中は脱毛できない?

毛が再び生えないようにするには、毛周期の関係もあって時間がかかります。
サロン通いが数ヶ月に及ぶこともしばしばなので、その間に歯を治療することもあるでしょう。

予約制で調整がきくとはいうものの、日を空けずに脱毛と歯の治療の両方が行われる場合があるかもしれません。何か問題が発生しないのでしょうか。

サロンに訊いてみると、「普通の歯の治療ならバッティングしても大丈夫」とのこと。

ただ、歯医者でもらう痛み止めに関しては、ちょっと問題があります。

実は一部の痛み止めには「光線過敏症(光過敏症)」を誘引する成分が含有されています。これは光によって肌に過剰反応が起こる症状で、施術するなら痛み止めを摂取するわけにはいきません。

かゆみやむくみ、水ぶくれなどが出ると面倒なので、痛み止めを摂った場合はスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみに虫歯に関しても、光の照射で痛みが増すことがあります。
無用なトラブルを避けるためにも、口付近の施術は後回しにした方がいいでしょう。

また、歯列矯正をしている時も注意が必要。光によって器具が熱くなることがあるので、口の周りの施術はやめておきましょう。

ただ、器具がプラスチックやセラミックで出来ているなら問題ありません。

このように施術の条件は複雑なので、必ずスタッフと話し合って脱毛して下さい。

ニキビができたら施術は延期?

脱毛ではレーザー系の特別な光を使うため、ごくまれに体調に影響を受ける人もいます。そのため、サロンでは施術についての様々な条件を設けています。

たとえば肌が異常に乾いていると施術できませんし、ムダ毛の自己処理がされていない場合も施術は不可能になります。

では顔にニキビがあるとどうなのでしょうか?

サロンに質問すると、ほとんどの店で「施術できます」ということでした。

というのも施術で使われるIPLという光は、毛乳頭・毛母細胞などの毛根組織にダメージを与えるだけで、ニキビには影響を及ぼしません。脱毛しても問題は発生しないのです。

ただ炎症の具合がひどい場合は注意が必要。照射で症状が進むこともあるので、施術するかどうかはスタッフと相談しましょう。

施術でシミやそばかすができるって本当?

現在主流になっている脱毛方法は、IPLやレーザーなど、メラニン色素に反応する光を肌に照射するというもの。

「そんな光が肌に当たったら、シミや黒ずみが残るのでは?」と不安を感じる女性もいるかもしれません。

確かに日光による日焼けは、シミ・そばかすの大きな原因となります。脱毛のライトも光度が大きいため、つい日光と同じ様に肌に害を与えるのでは、と考えがちです。

しかし、IPLというのは肌のケアのためにエステで使われてきた実績があります。いくら照射しても肌に害を与えるものではありません。

「でも『脱毛のせいで、シミや黒ずみが残った』という口コミをネットで見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

それに関しては、2つの理由が考えられます。

まず、ターンオーバーの進行により、深層にあったシミが肌の表面に出てきた、というもの。

施術で新陳代謝が促進され、シミ予備軍が肌の表に出てくるのはよくあることです。

ただ、それらはターンオーバーがさらに進むと大抵が消えてしまいます。

あと施術後の乾いた肌にうっかり傷がつき、それが痕になる場合。これをシミだと勘違いすることがあります。

ともかく、脱毛が直接の原因でシミや傷が残ることはありえません。
安心して施術を受けて下さい。

サロンに行く時、メイクはどうすればいいの?

いよいよ顔脱毛を始める時、女性が不安を感じることのひとつは、

「サロンに着くまで、スッピンでいなければならないの?」

ということ——。

素顔でも十分外出できる10代の女の子なら問題はありません。
しかし普段からメイクが欠かせない大人の女性にとって、スッピンで外出するというのは結構勇気のいる行為です。

先に結論を述べてしまうと、メイクをして出かけても大丈夫です。

大抵のサロンには専用ブースがあり、施術直前にメイクを落とせます。しかもスタッフが無料でメイクを落としてくれるサロンまであります。

ただ、設備やサービスがあるといっても、あまりにガッチリとメイクしていくと、それをオフするだけで時間が取られます。

やはり化粧は控えめにし、時間を節約するように心がけましょう。

以上、顔脱毛について様々な角度から紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページの情報を参考に、サロンで顔脱毛を受けてみて下さい。
施術していると、肌の状態も以前より改善されていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*