医療脱毛クリニックを失望せずに選ぶには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

肌をキレイに保ちたい、という女性(あるいは男性)にとって、ムダ毛は邪魔者。
特に露出する部位についてはエチケット的にもその毛を処理することになります。

その際はやはりプロの手で脱毛してもらうのがベストの方策ですが、そうなると向かう先は2つに絞られます。つまり、脱毛サロンか医療クリニックです。

ちょっと前までは有名タレントやモデルが出演するコマーシャルにつられて、サロン通いをする人が圧倒的でした。ところが、近年は医療クリニックの魅力も認知されるようになり、「どちらにするか迷ってしまう」という人も増えてきています。

そこで、このページではそんな迷える脱毛希望者のために、医療クリニックの魅力や特徴を色々と解説してみることにしました。
メリット・デメリットはもちろん、たくさんあるクリニックの中でどれを選ぶか、そのポイントについても紹介します。

クリニック脱毛の魅力と特徴

脱毛の魅力と特徴
熟練したムダ毛の専門家が脱毛をおこなってくれるのは、現在のところサロンと医療クリニックしかありません。
そのうちでもクリニックを選ぶなら、事前にその魅力と特徴を確認しておいた方がいいでしょう。

1)最新のレーザーテクノロジーを応用

肌に特別なライトを照射して脱毛する点では、サロンもクリニックも変わりません。しかし、クリニックの場合、レーザー光線を使用するところが1番の特徴です。

レーザーによる脱毛を提唱したのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュです。2人が1983年、科学雑誌「サイエンス」に載せた「選択的光熱凝固理論」は、紀元前3000年ごろから続く脱毛の世界に一大変革をもたらしました。

それまで主流となっていた脱毛方法は、針に似た電極(プローブ)を使用する「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)でした。これは「電気分解脱毛法」と呼ばれる方法で、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが1875年に考案したもの。プローブを通して毛穴に直流電流を流し、毛を生成する毛包を凝固化します。

後になって、ポール・N・クリーという人物がこの脱毛方法を普及させますが、なにしろ小さな毛穴に手作業でプローブを挿入していくために手間と時間がかかり、それだけ施術コストも高くなってしまいます(例えば、両脇脱毛でも料金は20万円になります)。しかも微弱とは言え、電流を通すために痛みも激烈。顧客側は時間の点でも痛みの点でも相当我慢を強いられます。

この状況をまたたく間に変えたのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛は、狭いビームスポットからレーザー光線を照射し、毛髪に3%だけ含まれているメラニン色素にアプローチします。レーザーは他の光線と違って単一の波長を持ち、射出された方向にどこまでも一直線に進みます。
また指向性が高く、小さな部位に集光することができるため、圧倒的なエネルギーを秘めています。

そしてもうひとつ大事な特性は、波長の調整によって特定の色だけに作用を及ぼす、というところ。つまり、青、黒、赤といった色の物質にレーザーを照射すると、それだけで大きなダメージを与えられる、ということです。

脱毛においては、黒色だけに反応するように波長を媒質・光学素子によって700nm〜1000nmにアレンジ。周辺の細胞は素通りするため、肌への直接の射出ができます。

メラニン色素に反応したレーザーは65度〜70度くらいの熱エネルギーに変わるのですが、この高熱が発毛をつかさどる毛母細胞、毛乳頭といった部位を破壊し、ムダ毛が生えないようにするわけです。

施術も単純で、波長をアレンジしてレーザーを照射するだけ。照射口であるビームスポットの直径はたった数ミリですが、1回の照射は100分の1秒ですむため、スピーディな施術が可能です。
ニードル脱毛のような時間のかかる作業はいりません。

マシンの開発当時は、媒質としてルビーを用いた光線しか射出できませんでしたが、これは白人向けのもの。まもなく黄色人種向けのアレキサンドライトが考案され、日本でも導入されました。現在はYAG、ダイオードなど、様々な媒質を用いたレーザー光線がそろっていて、毛の質やパーツに合わせて使い分けられるようになっています。

2)「永久脱毛」が可能

脱毛については、その施術の詳細が一般に理解されているとは言い難く、「マシンで1回光を照射してもらえば、その部位は死ぬまでツルツルだ」と思っている人がいます。

もちろん、それは違います。毛を成長させる毛球部分は丈夫な器官で、1回の照射程度では機能は保持されたままです。

またある部位のムダ毛をきれいに処理するには、毛周期という毛の成長サイクルにあわせて何回も照射を繰り返す必要があります。施術の頻度はおよそ2ヶ月に1度。繰り返し照射するうちに毛が薄くなっていき、そのうち部位がツルツルになって脱毛完了。
その期間は数年に達することもしばしばです。

ちなみにサロンでも毛根のメラニン色素に反応する光線を使いますが、そのパワーが弱いために、発毛器官はあくまで一時的に衰えるだけです。施術から数年も経過すると、毛は再び生えてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは強烈な破壊力を持つレーザー光線を射出するため、発毛機能がよみがえらない可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)レーザーを照射できるのは医師だけ

上のセクションでも述べましたが、サロンの脱毛方法はクリニックと同じような部分があるとは言え、マシンから照射される光の種類が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。また威力に関する限り、サロンの光線とレーザーとは相当な違いがあります。サロンのスタッフに資格がいらないのも、光線のパワーが限定されているからです。

一方、レーザー脱毛は破壊力抜群の光線を扱うので、操作上のちょっとしたミスでも重篤なケガにつながりかねません。そのため施術できるのは、事故が起こった時に対処できる医師に限られています。
もちろん、応急処置の可能な設備・器具もそろえてあるので、その点でも安心できます。

医療脱毛の利点と難点

利点と難点

利点

・施術をおこなうのは医師なので、トラブルが起こってもすぐ応急処置がとれる
・レーザー光線なら永久脱毛ができ、二度と毛が生えない可能性が高い
・脱毛完了に要する日数が短く、サロンよりはるかに施術回数が少ない

難点

・安価なコースが多いサロンと比べると、施術コストがかなり高め
・レーザー光線の痛みが強く、施術が怖くなる可能性がある
・炎症、毛膿炎といった肌トラブルが起こる怖れがある

サロンと医療クリニックの違いとは?

サロンと医療クリニックの違い
先に脱毛サロンとクリニックの違いを少しだけ述べましたが、ここでさらに相違点を箇条書きにしてみます——

料金

かなり前から脱毛サロンは目立つ広告を女性誌に載せていますが、そこには巨大な字で「お得なコースプラン」「今月の値下げキャンペーン」などと書かれています。これで分かる通り、サロンのメリットのひとつとなっているのは、その施術コストの安さです。

一方、クリニックは医療機関という事情もあり、費用が大きくディスカウントされることはあまりありません。

ここで、脱毛サロンと医療クリニックの料金がどれくらいなのか、表にしてみましょう。

まずは脱毛サロンから。知名度の高い大手サロン20社の公式サイトから、パーツごとの平均コストを計算してみたところ——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・全身…164,700円

という金額になりました。

続いて医療クリニックです。こちらも有名な20院の平均料金を計算しました——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・全身…401,945円

こうすると、医療クリニックの費用がサロンよりずっと高いことが一目瞭然です。特に目立つのは顔脱毛で、クリニックの施術料はサロンの3倍を超えています。

効果

サロンとクリニックでは脱毛方法の異なる機器を導入しているため、その効果にも結構な違いが出ます。

現在、サロンの脱毛方法は4〜5種類ありますが、その中で1番よく導入されているのがIPL脱毛です(フラッシュ脱毛、光脱毛とも呼ばれます)。

ワンショットで施術可能な範囲が広く、腕、背中、脚などの部位にはピッタリです。
照射出力も抑制されているので、痛みもそれほど強くありません。

さらに専用のジェルとクリプトンライトを用いるSSC脱毛、バルジ領域を標的とするSHR脱毛とハイパースキン法など、それぞれ長所・短所がありますが、いずれにしてもその効果はそんなに高くありません。つまり、「脱毛」とは言うものの、サロンの施術効果は毛根を一時的に弱体化する「抑毛」「減毛」にすぎず、無毛になったとしてもその効果は数年しかもたないのです。

一方、医療クリニックのレーザーは段違いのパワーを備えていて、脱毛完了後は毛がよみがえる可能性が低くなります。

保証

保証については、クリニックと脱毛サロンの間でほとんど違いはありません。

十分な効果が実感できるまで繰り返し施術可能な「永久保証」、一定期間のみ有効期限を延ばせる「期間保証」、未使用の前金を中途解約時に返してくれる「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方にあります。

ただ、種類や条件などについては各クリニックで相当異なるので、公式サイトなどで事前にチェックしておきましょう。

その他

クリニックとサロンの相違点を挙げる時、支店(支院)の数については見落とされがちです。

脱毛というのは一朝一夕にはいかず、部位の全体が無毛になるまで結構な日数がかかります。
大掛かりなプランになると、数年間も施術場所に通わなければなりません。

人によってはその期間中、生活環境がすっかり変わってしまうこともあります。転勤・引っ越しがその例ですが、引っ越し先に通っていたクリニックの支院がないため、前払いした料金が活かせなくなるケースも出てきます。

狭い部位なら2万円以下ですむかもしれませんが、手の込んだコースだと前払い金も20万円を越えるでしょう。転居後もそれをムダにしたくない、と思うのは当然です。

有名サロンなら全国色々な街に店舗があるため、転居先でもそれまでの契約を活用できる可能性が高くなります。ところがクリニックは支院が少ないので、引っ越し後は施術に行くことができないケースが多いようです。

ということで、もし引っ越しすることが多い人の場合、支店の多い有名サロンを選んだ方が無難だと言えるでしょう。

クリニックの選び方 その留意点

留意点

脱毛の保証期間をチェック

一旦脱毛を開始すると、指定された期間内に契約回数を終える必要があります。その期間は部位によって異なりますが、2〜3年というのが一般的です。
中には5年というところもあるので、多忙な人はそちらを選ぶといいでしょう。

リスクなどの説明は?

脱毛は特殊な器械を使うので、顧客にリスクを説明するのはクリニック側の義務です。公式サイトに、そのリスクが明記されているかチェックしましょう。

施術コストの設定は?

料金設定があいまいなクリニックは、高い料金をごまかそうとしていることもあるのでやめた方がいいでしょう。総額でどれくらいなのか、しっかり書いている医院の方が安心できます。

医師の情報ははっきり開示されているか?

施術を担当する医師の情報がサイトに書かれているか、あらかじめチェックしておきましょう。
情報を開示していないクリニックは、経営側が責任感に乏しい場合があります。

医師自身がカウンセリングを担当?

施術担当は医師ですが、カウンセリングについては看護士に一任するクリニックもあるようです。そんな態度はいい加減な施術につながるので、契約しない方が無難です。

以上、脱毛クリニックの技術の詳細、そして選ぶ際の留意点等について紹介してみました。いかがだったでしょうか。

クリニックに関しては、「施術料が高い」「レーザーの痛みが怖い」などの理由から敬遠する人も少なくないと思います。
ただ、部位を死ぬまでツルツルにしたい、と考えているなら、やはりクリニックのレーザー脱毛を推薦します。

どうかこのサイトの情報を参考に、自分に合った医療クリニックを探して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*