脱毛で肌荒れ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

かゆみを感じる

なぜ脱毛処理後に肌荒れなどが起こるの?

サロンや医療クリニックで脱毛処置を受けた後、「なんだか肌が赤くなった」「かゆみを感じる」「毛穴がむくんでいる」などの症状が出た人も多いはずです。

なぜこんな現象が起きるのでしょう?

サロンではIPL(インテンス・パルス・ライト)、医療クリニックではレーザーという違いはありますが、どちらも毛根のメラニン色素に反応して高熱を発生させ、その組織を破壊しています。

このことで脱毛効果を得るわけですが、毛根で発生する高熱はどうしても周りの皮膚にも影響を与え、軽いやけど状態を生じさせてしまいます。

そのせいで毛穴を中心に肌が赤くなったり、かゆみなどの症状が起こってしまうわけです。

サロンやクリニックでは、以下のように施術後の禁止事項をいくつか設けているところがあります——

・飲酒
・日焼け
・体温が上昇する行為(入浴、トレーニング、マッサージなど)

これらの行為の禁止は無用な肌トラブルを防ぐためのものです。

また、かゆみだけならともかく、それをかきむしってしまうと菌が入りこみ、毛嚢炎(もうのうえん)という病気にもつながりかねません。

なるべく上記の禁止事項を守り、デリケートな状態の肌をいたわるようにしましょう。

もし、赤みやかゆみをできるだけ早く直したいという場合は、

・脱毛した箇所をいつもより念入りに保湿する
・冷たい水で濡らしたタオルを脱毛箇所に当てる
・脱毛箇所に汗をかかないようにする

などの対処法を取って下さい。

なお、汗をかかないようにするのは、汗とともに肌の水分が排出されるのを防ぐためです。
夏場などは特に気をつけましょう。

高崎の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*