脱毛サロンの基礎知識

脱毛の際のペンレス

痛みがかなり軽減

脱毛で使われる麻酔にはどんなものがあるの?

最近は技術が進歩したせいで、脱毛の際の痛みがかなり軽減できるようになりました。特にサロンでは新機軸の機器の導入が盛んで、ほとんど無痛の施術も可能になっています。

ただ永久脱毛を行う場合は照射威力の強いレーザーを使うこともあって、どうしても痛みがともなってしまいます。

永久脱毛を行っているところは医療クリニックなので、あまりに痛みが激しい施術の時は麻酔を使うことになります。

ではその麻酔にはどんな種類があるのでしょうか?

まずは「笑気麻酔」。美容整形、分娩などで用いられており、麻酔といえばこれ、といった印象があります。

気体の状態でボンベに入っていて、チューブ経由で鼻からゆっくりと吸い込むと数分で頭がボンヤリし、体が宙に浮いているような感覚におちいります。安全性が高く、副作用がほとんどありません。

続いて「麻酔クリーム」。抗不整脈の薬としても知られるリドカインが配合されていて、施術の30分から1時間前に塗ることで、肌の表面が無感覚になります。
ただ効き目が皮膚にとどまっていて、毛穴の奥だと痛みを感じることがあるようです。

次に「局部麻酔注射」。歯や小さな傷の治療でおなじみのものです。効き目は高いのですが、注射ということで針を刺す時に痛みがある上、料金が高いのが大きなデメリット。脱毛で使っているクリニックは少数にとどまります。

そして最後に「麻酔シール」。
「ペンレステープ」という名前のものが一般に用いられています。
麻酔クリームと同じようにリドカインが配合されており、施術の2時間前に貼り付けるだけで痛みを感じにくくなります。

いかがでしょうか? それぞれのクリニックによって使う麻酔は違うので、気になる人は施術前に確認する方がいいでしょう。

高崎の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の際の飲酒について

脱毛の施術の注意点って?

ここ数年、脱毛がちょっとしたブーム。
新規のサロンもどんどんオープンし、人気タレントを使ったテレビコマーシャルをテレビで流すようになりました。

それで脱毛のことに興味を持ち「自分もやってみよう」と気楽に考える女性が急増しているようですが、注意したいのは、「脱毛というのは決してマッサージを受けるような手軽なものではない」ということです。

サロンで現在主流になっている脱毛方法は、美容ライト脱毛。光脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれ、黒いメラニン色素だけに反応するIPL(インテンスパルスライト)を肌に直接照射します。

このIPLは毛根部分に達すると熱エネルギーに変わり、毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった組織に大きなダメージを与えます。この時、毛根部分だけが損傷を受けるといいのですが、高熱を発するために毛穴やその周りの皮膚にも熱が移ってしまいます。

この時の肌は軽いやけど症状を呈していて、しばらくは熱がこもったまま消えません。赤み、かゆみが生じることは当たり前で、菌が入って悪化すると炎症に移行してしまいます。

ですから肌が特別に乾燥していたり、体調が良くない時には、予約を入れていたとしても施術を断られます。
「決して手軽なものではない」というのも理解できるでしょう。

なお、施術した直後、「なるべくやらないように」と注意される行為は以下の通りです——

・日焼け
・飲酒
・入浴
・激しい運動、マッサージなど、体温が上昇する行為
・予防接種

これらの行為によって肌の状態がさらに悪くなる可能性が高いので、注意された通りにひかえる方が無難です。

また、これら4つに加え、夏季は汗にも注意して下さい。汗が流れると保湿水分が足りなくなり、肌が乾いてしまいます。

乾燥は肌の大敵なので、注意して保湿するようにしましょう。

高崎の人気脱毛サロンランキングTOPへ

通いやすい脱毛サロンは?

14

脱毛サロンに通いたいという方が非常に多くなっています。
やはりいまでは脱毛サロンというのは非常にポピュラーな存在になっているということができます。
とくに最近ではいろいろな脱毛メニューが脱毛サロンのほうでも用意されるようになっています。

続きを読む

施術を受ける際の注意点

01

脱毛費用がリーズナブルという事で、脱毛サロンで脱毛したいという女性も多いでしょう。
脱毛サロンでは光脱毛という、脱毛法が受けられます。
光脱毛は脱毛効果に優れているだけでなく、肌への負担が少ない、脱毛時の痛みも少ないという事もあり人気の脱毛法です。

続きを読む

自己処理のデメリット

kenuki

自分でムダ毛の処理を行うことは、デメリットばかりです。
まず第一に、時間をとられます。
さわってチクチクしないためには毎日の処理が欠かせませんし、見た目だけ目立たないようにするだけでも二日に一回の処理が欠かせません。
そして丁寧に処理するためには時間がかなりとられてしまいます。

続きを読む

光脱毛のメリット・デメリット

hikari

この頃話題になっているのが「エステサロン」の光脱毛です。
サロンのホームページを見てみると、プラズマやIPL、S.S.C方式などで紹介されていますが、すべてがフラッシュ脱毛のようなジャンルになっています。こちら文字の通りに光を当てながら毛の処理をするようなマシンを使った施術です。
もっと分かりやすく言いますと、「クリニック」で扱っているレーザーを弱く設定しているようなマシンになります。

続きを読む

レーザー脱毛のメリット・デメリット

laser5

エステのフラッシュ式脱毛は毛の再生を弱くさせる方法で、これを制毛効果と言います。
レーザーの場合は、毛根を破壊してしまうので、施術が完了してからは毛が生えなくなるという説です。
はじめの頃は目で見る効果がありませんけれど、3回を過ぎますと全体に毛の量がなくなったように感じます。

続きを読む

ニードル脱毛のメリット・デメリット

needle

ニードル脱毛は昔から使われる元祖脱毛法であり、極細の針を毛穴に刺して微弱電流を流すという脱毛方法です。これを毛穴一つ一つに施していき脱毛をするという特徴があります。このため脱毛をする側に技術が求められる脱毛方法なのです。

続きを読む