脱毛コラム

足脱毛で女らしさをさらに高めよう

女性の「足」は、体のほかの部位にも増して若さと健康さをアピールしてくれるパーツ。
外国でお年を召した婦人が大胆に足を露出したスカートをはいたりするのも、自分の若々しさを示したいからでしょう。

もちろん10代20代の女の子ともなると、学校の制服であっても丈を短くし、そのみずみずしい足を見せつけたくなるのも当然です。

スラリとしたシルエットを作りだす美脚には、男性ばかりでなく、同性の視線も集める魅力があります。

ただ美しい足を見せびらかすのはいいのですが、そこに伸びたムダ毛には気をつけなければなりません。

シルエットが見事でも、ムダ毛があると肌合いそのものは台無しに——。それどころか、「露出している割には肌の手入れをやってないんだ……」と侮蔑を含んだ目を向けられるハメになります。

もちろんこんなこと言われなくても、必死にムダ毛処理をやっている女性がほとんど。ただ、その処理が肌に悪い刺激を与えていることを知らない人も多いようです。

自己処理製品には、カミソリ、毛抜き、除毛クリームなどがありますが、いずれも肌に大きな負担をかけ、ずっと使っていると肌トラブルの元凶となります。

肌の見栄えをよくするためのムダ毛処理なのに、トラブルを引き起こしていては話になりません。

「肌には悪いし時間はかかるし、厄介な自己処理はやめて、思い切って脱毛をやってみようかな……」

そんな風に思っている女性も少なくないはずです。

ただ、これまでプロの手による美容とは無縁だった場合、わざわざサロンやクリニックに行き、色々なことが書かれたプランの契約書にサインするというのは、考えただけで億劫な作業です。

また、「ムダ毛処理が完全に終了するまでにどれくらい日数が必要なのか」、「施術って何回ぐらいやらなければならない?」、「結果的に費用はどれくらいかかってしまうのか」など、様々な疑問が頭に浮んでくるでしょう。

結局、こうした疑問に答えが見出だせず、サロンやクリニックに行くことなく自己処理を続けている、という女性も少なくありません。

そこで、このページを作ってみることにしました。
サロンと医療クリニックで足脱毛してもらうといくらくらいかかるのか、どのプランがいいなのか、脱毛が終わるまで施術回数と日数はどれくらいか、など、初心者が知りたいと思う情報を細かく紹介してみます。

以下の知識が、脱毛に踏み切れない初心者の役に立てば、と思います。

料金がお安いサロンと医療クリニックはどこ?

自己処理をしている人ならご存知でしょうが、足のムダ毛を剃ったり抜いたりする手間は、ワキや顔とは比較になりません。というのも、足が体の半分を占める面積の広いパーツだからです。

そのため、サロンやクリニックの脱毛においても、「ひざ」「ひざ上」「ひざ下」「足の甲・指」といった小さな部分に分けた上で、それぞれの施術がおこなわれます(もちろん、足全体のパックプランも用意されています)。

各パーツの料金は店や医院によって差があるので、脱毛すると決心したら公式HPなどを念入りにチェックしましょう。
そこに挙げられている料金を比較検討することによって、よりリーズナブルに施術ができます。

では全国に数え切れないほど存在するサロンやクリニックの中で、特に料金がお安いところはどこなのでしょうか。その名前と料金を一覧にしてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円[施術は6回]
・ひざ下……18,000円[施術は6回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円[施術は8回]
・足全体……48,000円[施術は8回。ひざ上・ひざ下は6回]

銀座カラー

・ひざ上……42,000円[施術は8回]
・ひざ下……42,000円[施術は8回]
・ひざ……21,000円[施術は8回]
・足の甲・指……21,000円[施術は8回]
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円[施術は8回]
・ひざ下……31,200円[施術は8回]
・ひざ……14,400円[施術は8回]
・足の甲・指……14,400円[施術は8回]
・足全体……91,200円[施術は8回]

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円[施術は8回]
・ひざ下……31,840円[施術は8回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円[施術は8回]
・足全体……95,520円[施術は8回]

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円[施術は5回]
・ひざ下……41,250円[施術は5回]
・ひざ……13,750円[施術は5回]
・足の甲・指……13,750円[施術は5回]
・足全体……92,900円[施術は5回]

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円[施術は5回]
・ひざ下……89,800円[施術は5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円[施術は5回]
・足全体……119,800円[施術は5回]

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円[施術は6回]
・ひざ下……81,000円[施術は6回]
・ひざ……28,750円[施術は6回]
・足の甲・指……28,750円[施術は6回]
・足全体……219,500円[施術は6回]

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円[施術は5回]
・ひざ下……60,000円[施術は5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円[施術は5回]
・足全体……100,000円[施術は5回]

となりました。

サロンの中でも際立って料金が安いのは、なんといってもミュゼです。ひざ上とひざ下の2つを施術してもらっても、わずか36,000円しかかかりません。この2箇所だけでいいなら、他のサロンよりも断然お得です。

ただ、足のすべてを脱毛したいとなると、1番いいのは銀座カラーでしょう。
何しろ通い放題なのに料金は151,152円。太ももからつま先まで徹底的にツルツルにしたい女性は、ぜひこのプランをチョイスすべきです。

次にクリニックの方ですが、全般にサロンより割高です。これは威力の強いレーザー光を採用していて、メンテナンス料が高いため。

その中でも、推薦したいのはアリシアクリニック。ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指と、足のパーツすべてを脱毛できる「足全体プラン」が92,900円です。

医療クリニックの中には、部分脱毛といえども40万円以上の高額な施術料をとるところもあります。
そんな医院と比べると、足全体をツルツルにできて10万円以下というのは信じられないほどリーズナブルです。

ジェイエステティックで脱毛を初体験してみよう

部分脱毛は一般に安いのですが、足に関しては面積が広いためにその料金はどうしても高額になりがちです。

「施術の経験がないのに、いきなり正規のコースを契約するのはイヤ」という人は、まずジェイエステティックで「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」というコースを試してみてはいかがでしょうか?

これは両ワキに加えて好きな3パーツを脱毛できるというもの。回数に制限はありますが、料金はたった300円なので、脱毛がどんなものか経験したい人にはピッタリです。

これで感じをつかんだ後、改めて自分好みのサロンやクリニックを探しましょう。

脱毛完了まで、時間的にはどれくらいかかるのか?

足脱毛の料金に関しては、上の文章でお分かりになったと思います。

続いて、脱毛完了まで日数と回数がどれくらいかかるのか、説明しましょう。

サロンとクリニックの公式HPで回数と期間のデータを調べると、次のような結果になりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

いかがでしょうか? 「想像以上に回数と日数がかかる」と感じられたかもしれません。

実は、足は他の部位と比べても施術効果が出やすい、と言われています。それでもこのような長い日数がかかるのです。

これには現在主流となっている脱毛方法と、毛の成長サイクルが関わっています。

それを次のセクションで説明していきましょう。

施術の日数が長くなる理由とは?

まず、脱毛方法から述べます。

現在、サロンとクリニックで使われている脱毛器は、レーザーの原理を応用したものです。
肌に特別な光線を当て、ムダ毛の根元に影響を与えて脱毛を行ないます。

その光は「黒いメラニン色素だけに反応する」という特徴を備えていて、メラニンを含有する毛にぶつかると高熱を発します。

この熱が毛根にある発毛組織(毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部)に大きなダメージを与え、毛の成長を阻害するのです。

「それなら1度の照射で脱毛完了では?」と思われるかもしれませんが、そうもいきません。なぜかというと、ムダ毛は全部が同じに見えても、毛根部分では一本一本の状態が違っているからです。

体毛は、抜けては生える、というサイクル(毛周期)を繰り返して量を維持しています。この毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」という3パートに分かれていて、このうち脱毛効果があらわれるのは、毛が盛んに伸びる「成長期」だけです。

「退行期」と「休止期」に関しては、毛の成長がストップしているために、いくら施術したところで意味がありません。

施術すると1〜2週間くらいで成長期の毛は抜けてしまい、その箇所は1〜2ヶ月ほど無毛の状態になります。

やがて毛が伸びてきますから、光を再び照射。これを長い期間に渡って繰り返していくと、毛が弱体化し、その数も減少していきます。

このようにして毛根の発毛機能を衰えさせていき、ようやく脱毛が終わるわけです。

そのため、施術はどうしてもゆっくりしたペース(1〜2ヶ月に1度)になってしまいます。

以上、なぜ脱毛に長い日数と手間がかかるのか、お分かり頂けたでしょうか?

埋没毛のケアのためにも脱毛を

ムダ毛をカミソリで剃る習慣があると、やがて黒色のブツブツができる可能性が高まります。
このブツブツは、いわゆる「埋没毛」と呼ばれるもの。

カミソリで毛を剃っているとどうしても角質層にダメージが及び、それをケアしようと新しい皮が作られます。

しかし、それが毛穴をフタのようにふさいでしまう場合があり、そうなると皮の中で毛が伸びていきます。これが埋没毛です。

埋没毛はみっともないものです。ぜひサロンやクリニックで脱毛しましょう。

そうすれば自己処理が不要になるので、埋没毛が生じる心配はありません。

さらに術後の保湿に力を入れているサロンやクリニックなら、肌トラブルも少なくなります。

脱毛することで、肌はきっとキレイになっていくでしょう。

足脱毛に関わる疑問点とその回答

Q.施術にピッタリの服装とは、どんなもの?

サロンやクリニックによっては、施術用のガウンを完備しているところがあります。そんなところなら、もちろんどんな服で出かけても問題はありません。

格安の店・医院ともなると、私服のまま施術を受ける場合も多いでしょう。下半身はショーツ一枚になりますから、ワンピースは避けた方が無難です。

また、マシンとジェルを併用するサロンやクリニックでは、そのジェルがショーツに付着することがあります。
替えを用意していない店なら、自分で予備を持参して下さい。

Q.色素沈着があると脱毛は不可能?

大手のサロンとクリニックに質問しましたが、やはり「色素沈着の部位は脱毛できません」とのことでした。

脱毛の光線はメラニン色素の黒色に反応します。色素沈着にも反応して、火傷状態になる危険性があるので、施術は不可能なのです。

どうしても脱毛したいなら、「美容電気脱毛」の可能なクリニックに行きましょう。電気脱毛なら色素沈着があっても施術できます。

施術後のアフターケアに関して

脱毛後は、肌の免疫力がどうしても衰えます。アフターケアに気を配り、なるべく刺激を与えないことが大事です。

まず入浴は避けましょう。汗や汚れを落としたいなら、低温のシャワーで我慢して下さい。

また術後は乾燥によって炎症が生じがちです。
施術当日は当たり前ですが、翌日も保湿に気をつけ、潤いを欠かさないようにしましょう。

ケアには手持ちのローションやクリームを用いてもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液の方がずっと効果的です。化粧水の後にミルクローションを使えば、潤いがたっぷりと補給されます。

いかがだったでしょうか? 足脱毛について、初心者向けの情報を紹介してみました。

繰り返し説明したように、刺激の強い自己処理はなるべく避けましょう。
肌のコンディション改善のためにも自分に合ったサロンや医療クリニックを見つけ、ぜひ脱毛してみて下さい。

「腕脱毛に興味があるけど不安」という女性へ

憂鬱な梅雨が終わると季節は明るい夏へ。気温も上昇することもあって、開放的な服に挑戦したくなります。

ただ、その時に気になってしまうのが腕に生えているムダ毛でしょう。

キッチリと処理できていないと、他人が見た時に「だらしがない」と馬鹿にされてしまいます。

ただ、ムダ毛の自己処理というのは結構たいへん。腕は面積が広くて時間がかかるため、毎週のように剃ったり抜いたりしていると億劫な気持ちになってしまいます。

「ウンザリするからサロンやクリニックで脱毛してみようか……」

ふとそんな思いにかられる女性も多いでしょう。でも脱毛初心者の場合、わざわざ契約した上で施術してもらうというのは結構勇気がいるものです。

「完了までに何回施術してもらうの?」
「痛みがひどいって話だけど……」
「料金はどれくらいかかるの?」

これらの疑問がネックとなって、結局は脱毛への一歩を踏み出せずに自己処理を続けている、という女性が少なくありません。

そこで、それらの疑問を解消するため、腕脱毛の費用、特徴、サロンとクリニックの選び方などについて紹介してみることにしました。

このページが、自己処理で悩んでいる女性の一助になれば幸いです。

自己処理の道具・器具のメリットとデメリット

いくら以前よりも料金がディスカウントされて手軽に脱毛できるようになったからと言っても、「脱毛なんてやっぱり面倒くさい。自己処理で十分では?」と決め込んでいる女性も多いかも知れません。

ただ肌のコンディションのことを考えると、自己処理はやはりいい行為とは言えません。

自己処理でよく用いられる道具類とその長所・短所を一覧にしてみると——

カミソリ

・メリット……価格がリーズナブル。サッとムダ毛を処理できる
・デメリット……傷を作ったり、角質をそぎ取ったりする

毛抜き

・メリット……処理後もチクチクしない
・デメリット……毛穴の負担が大きく、埋没毛が生じる可能性がある

除毛クリーム

・メリット……なめらかに仕上がる。塗った後洗い流すだけなので簡単
・デメリット……刺激が強く、肌トラブルを起こしやすい。独特のニオイがする

電気シェーバー

・メリット……場所を選ばずムダ毛を処理できる。肌に優しい
・デメリット……毛が短く残りやすく、チクチク感がある

となります。

この中では、肌に優しい電気シェーバーが最もいいのですが、それでも短い毛が残ることが多く、太い毛の場合は毛穴がブツブツと目立ちます。

残りのカミソリや毛抜き、除毛クリームは肌への負担がかなり大きく、継続使用することは肌の状態を悪くします。

やはり美しさを保ちたいなら自己処理はストップして、サロンやクリニックで脱毛してもらうのが1番です。

腕脱毛するとどんないいことがあるの?

サロンやクリニックで脱毛してもらうと、どんないいことがあるのでしょうか?

1.ムダ毛を心配せずにオシャレができる

腕は面積が広くて視界に入りやすいものだけに、そこに生えたムダ毛にも人の目が向けられがちです。「寒い時期に自己処理をサボったため、腕まくりをした時に人から軽蔑するような目で見られた」という女性もいるかも知れません。

そんな恥をかかないためには自己処理を欠かさず続ける必要がありますが、クリニックやサロンで脱毛してしまえばそれも不要に。
ムダ毛を心配せずに好きなファッションを思う存分楽しめます。

2.手間のかかる自己処理から解放される

腕のムダ毛はとにかく目立ちます。カミソリや電気シェーバーで毎週、あるいは2、3日置きに処理しているという女性もいるようですが、脱毛が完了すれば面倒な自己処理から解放されます。

3.施術で肌のケアも可能

カミソリ、毛抜き、除毛クリームなどを使った自己処理のせいで、肌荒れ、埋もれ毛、色素沈着といった肌トラブルを起こす女性も少なくありません。

サロンで施術してもらえば、フラッシュ脱毛の効果によって肌トラブルのケアが期待できる上に、肌をしっかり保湿するアフターケアも受けられます。これらのケアのおかげで、肌がますますツヤツヤにみがかれるでしょう。

4.肌の触り心地が以前より良くなる

自己処理をやらないでいるとすぐにムダ毛が成長し、触り心地もチクチクして快くありません。

サロンやクリニックで施術すればムダ毛が毛根からなくなるため、触り心地のよいツルツルの肌に仕上げられます。

腕脱毛の料金はどれくらいなの?

腕脱毛したいと思った時、どうしても気になってしまうのがその料金です。

現在、腕脱毛の料金はどれくらいなのでしょうか? 主要なサロンやクリニックの公式サイトでその料金をチェックし、平均の数字を出してみました。

その結果、サロンは——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックは——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という結果に。

この数字だけで判断すれば、サロンでの脱毛が安上がりになるわけですが、クリニックも意味なく高額な施術料を取っているわけではありません。やはりそれだけの良い部分はあります。

サロンとクリニックの差に関しては、この後の文章で説明しているので、そちらの方を参考にして下さい。

現在、脱毛はどんな方法でおこなわれているのか?

脱毛は古代文明にまでさかのぼる歴史を持ちます。長く原始的な方法が取られてきましたが、近代になって新しい技術が色々と適用されるようになりました。

その中で最も流行したのが「美容電気脱毛」(あるいは「ニードル脱毛」)という方法。プローブと呼ばれる針を毛穴に突き刺し、電気によって発毛部位を焼き切ります。

この方法は発毛を防ぐという点では優秀なのですが、何しろ針を使うわけですから相当な痛みを耐えなければなりません。また時間がかかるということもあって現在は廃れています。

代わって施術の主流になったのが、レーザー系の光を使う方法。肌の奥で熱エネルギーに変化した光が発毛機能に損傷を与え、毛が伸びるのを防ぎます。

サロンにおいては、IPL(インテンスパルスライト)という光を使った「フラッシュ脱毛」がよくおこなわれています。このIPLはメラニン色素を含んだ毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部を弱体化します。

IPLはパワーが弱いため、脱毛完了までかなりの期間がかかるのが欠点。ただ、その代わりに料金が安く、痛みも軽い、というメリットがあります。

そして医療クリニックの方ではレーザー脱毛がメインとなっています。波長の違うレーザー光(アレキサンドラライト、YAG、ダイオードなど)を用いますが、それぞれのパワーは強く、毛根部分を完全に破壊することができます。

痛みが強いというデメリットはありますが、短い日数で脱毛を終わらせたい方にはピッタリです。

サロンとクリニックの違いとは?

脱毛をするにはサロンと医療クリニックのどちらかに通うわけですが、この両者にはどんな違いがあるのでしょうか?

ザッと箇条書きしてみると——

脱毛サロン

・「フラッシュ脱毛」による施術
・減毛、抑毛効果だけ
・施術料金はリーズナブル

医療クリニック

・「レーザー脱毛」による施術
・永久脱毛が可能
・施術料金はサロンの数倍

となります。

さらに、クリニックについては——

・バーツによってはサロンよりも安価なことがある
・施術をおこなうのは医師免許を持ったスタッフ

などの特徴もあります。

こうして見ていくと、「料金は安いとは言えないが、永久脱毛ができるクリニックに通いたい」という人が多いかもしれません。

ただ、大都市を離れると脱毛専門のクリニックは数が少なく、もし通える場所にないならサロンを選ぶことになります。

でもガッカリすることはありません。サロンには、脱毛完了後も施術を継続できるコースを設けているところもあります。これを選べばずっと脱毛ができます。

また、薄毛の場合はフラッシュ脱毛で十分効果があるので、わざわざクリニックで高いお金を払う必要はありません。

脱毛終了までの回数と期間について

腕脱毛完了までの施術回数と期間はどれくらいなのでしょう?

一応の目安は以下のようになっています——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

「想像していたよりも回数が多く、期間も長い」と感じる人が多いかも知れません。

ただVIOやワキの毛と比較すると、腕のムダ毛は細いものです。したがって「レーザー脱毛を1回受けたら、それだけでもうツルツルになった」という女性もいるようです。

さらに剛毛の場合でも「施術4回で、産毛くらいしか生えなくなった」という方もいます。

パワーの弱いフラッシュ脱毛でも効果があらわれるのは早く、「自己処理の回数を減らしたい」、あるいは「目立たなければいい」という程度なら、目安の回数よりも早く終了することができます。

アフターケアのある「通い放題」を選ぼう

脱毛が完了するまでの施術回数は、上に記したようにクリニックで大体5回、サロンで大体12回となっています。

こう書くと「それだけの回数で施術と無縁になる」と思いがちですが、実は脱毛完了後も「ムダ毛が伸びる可能性はゼロ」というわけではありません。

まずサロンで用いられるフラッシュ脱毛は、ただ発毛機能を弱めるだけです。そのため何年か経つと、ほとんどの人のムダ毛が再生してしまいます。

では、「永久脱毛」という触れ込みのクリニックのレーザー脱毛は大丈夫かと言うと、これも「ムダ毛再生率が20%以下」というだけで、一生無毛状態が続く、とは保証されていません。

つまり、何ヶ月もかけて施術してもらったのに、それが無意味になることもあるわけです。

そんな悲しい事態を避けるためには、施術完了後もキチンとアフターケアしてくれるプラン、つまり「通い放題」を選ぶべきです。

「通い放題」ならサロンやクリニックが続いている限り、ずっと脱毛することができます。

脱毛するなら、どのサロンとクリニックがいい?

「腕脱毛するならここ」というサロンとクリニックを、それぞれあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

銀座カラーの最大のメリットは、新しい脱毛機を採用しているため、施術時間が大幅に短くなっていること。全身脱毛を例にとると、他の店なら120分から180分もかかる施術が、銀座カラーだと約1時間ですみます。

つまり、今まで1人しか対応できなかったのが、同じ時間で3人も施術できるようになったわけで、そのせいでずっと予約が入れやすくなりました。

また客が増えたことで料金もディスカウントされており、最近の楽天インサイトの統計では「料金がリーズナブルなサロンNo.1」に選出されています。

単独部位に通い放題プランがあるため、腕脱毛希望者にとってもありがたいサロンです。

ミュゼ

ミュゼはすべてのサロンの中でも店舗数がピカイチ。北海道から沖縄まで、文字通り全国に支店があります。

全国展開しているチェーンサロンということで、店舗移動が自由にできます。つまり、突然の転勤や引っ越しでも、そのまま移住先にある支店に継続して通うことが可能。

またイタリアのDEKA社が新たに開発したSSC脱毛という方式を採用しており、これまでサロンで主流だったIPL方式よりもずっと痛みが少なくなっています。
「脱毛を考えているけど、痛みがあると聞いたのでどうしようか迷っている」という女性でも安心です。

あと、公式アプリのインストールで料金を値下げするというキャンペーンも行っていて、これならコースによっては50%オフで施術を受けられます。

次にオススメのクリニック——

湘南美容クリニック

テレビCMでお馴染みの湘南美容クリニック。北海道から沖縄まで75を越える分院があり、来院者数も125万人以上。

最大の長所は、有名なだけに信頼性が高いことです。

また施術についてもベテランの医師がそろっていて、技術的に安心感があります。

もちろん、プランに関しても様々な特徴があり、例えば「コースの期限にリミットがない」こと。

ほとんどのサロンや医療クリニックではコースの消化リミットが決められていて、契約から1年ほどで施術ができなくなり、せっかく支払った費用がムダになってしまいます。

湘南美容外科クリニックではそんなことはありません。コースの有効期限がないため、契約した回数分だけ必ず施術が受けられます。

以上、腕脱毛についての様々な情報、さらに評価の高いサロンとクリニックを紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひ以上の情報を参照しながら、お気に入りのサロンやクリニックを見つけて下さい。脱毛によって自己処理がいらなくなり、肌の状態も良くなっていくはずです。

プロの手で産毛の脱毛を

「顔に生えている毛」と聞くと、男性のヒゲを連想する人も多いでしょう。
しかし、女性にも多くの毛穴があって、そこから産毛が伸びています。

あるスキンケアに関する調査レポートによると、自己処理を欠かさない顔の部位で多かったのが「鼻の下」と「口周り」でした。

両方とも伸びたままにしておくとヒゲのように見えますから、定期的に剃ったり抜いたりするのは当然でしょう。

ただ、カミソリや毛抜きを長年使い続けると色素沈着を起こすことがあり、肌のコンディションが悪くなりがちです。

また、産毛というのは化粧のノリを悪くします。いつも肌の手入れに気合を入れている人にとっては、とにかくイライラする存在でしょう。

こんな産毛の悩みを永遠に解消しようと、最近はサロンと契約して脱毛してもらう女性が増えています。

むかし、サロンの顔脱毛はキャンペーンの対象とならないことが多く、その料金も決して安いとはいえませんでした。

ところが近年、効率的な施術方法が次々と生み出され、費用は気軽に利用できるレベルにまでダウンしています。さらにサロンも続々とオープンして値引き競争を行っていますから、脱毛を初体験するなら今がチャンスです。

とはいっても、これまでサロンに行ったことのない女性にとって、契約した上で施術に通うというのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは、顔脱毛に関する情報やオススメのサロン、さらに、施術を続けるうちに生じがちな疑問点についても、解説してみることにしました。

以下の文章が、産毛の処理で悩んでいる女性の一助になれば幸いです。

現在の脱毛方法はどうなっているのか

顔脱毛の詳細について解説していく前に、まず現在行われている脱毛方法はどのようなものなのか、簡単に説明しておきます。

かつては脱毛の施術というと、「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)が一般的でした。特別に作られたプローブという針を毛穴に突き刺し、電気を流して毛根を破壊していたのです。

これは毛根にダメージを与える点では抜群なのですが、何しろ毛穴ひとつひとつに針を刺していくわけですから、痛みがともなうのは避けられません。
おかげで、「脱毛は痛くてツラい」という印象が広まってしまいました。

やがてこの脱毛方法は効率の悪さもあって廃れました。代わって現在主流になっているのが「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。レーザー系の特殊な光を毛の伸びた肌に照射していきます。

光といっても色々な種類があるのですが、そのうちサロンで広く用いられているのが「IPL(インテンスパルスライト)」。

このライトはメラニン色素に反応する特質を持ち、表皮を経て毛根に達すると熱エネルギーへと変化。毛乳頭、毛母細胞といった発毛を司る組織に破壊的なダメージを与えるのです。

もともとIPLのマシンは、エステで使われていた美肌ケアの機器。ところが顧客の間で「毛が生えなくなった」という感想が寄せられ、そのことから脱毛用にも使われるようになったのです。したがって元々シミなどにもケア効果があり、施術によって肌のコンディションも改善されていきます。

近年ではこのIPLの外にも、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった様々な新方式が発明され、施術方法も多種多様になってきました。

これらの方式は「痛みが少ない」「より短期間で脱毛を完了できる」などの特徴を備えているので、メリット・デメリットを理解した上で自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

施術できる顔の部位はサロンによって違う

顔脱毛で注意が必要なポイントのひとつは、サロンによって施術できる部位が違う、ということ。

あるアンケートによれば、施術を希望する顔の部位トップスリーは、鼻の下、眉間、アゴとなっています。しかし、これらの部位が施術できるかできないかは、サロンの選び方次第で違ってきます。

たとえば、有名サロンの施術可能部位を並べてみると——

ディオーネ……額、頬、鼻、鼻下、顎

脱毛ラボ……もみあげ、鼻下、顎

ミュゼ……鼻下、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、鼻下、頬、口周り、顎

という感じで、各店が同一ではありません。

ということで、店の宣伝に「顔脱毛もやります」とうたってあったとしても、こちらの希望する部位を確実に脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンに出かけたのに「そこは施術できません」と言われるとガッカリしますから、脱毛可能な部位についてはサイトなどでしっかり調べておきましょう。

顔脱毛の平均料金—サロンとクリニックの違い

初心者が顔脱毛を決心した時、つい考えてしまうのは、

「料金はどれくらい必要なのか?」

ということでしょう。

有名サロン20社からデータを取り、顔脱毛の平均費用を算出してみると、「41,033円」という結果になりました。

これが「高い」のか「安い」のか——。そこはその人の考え方次第でしょう。

ちなみに顔脱毛をする場合は、専門の医療クリニックも選択肢のひとつとなります。

こちらもサロン同様データがあったのでその平均を出してみたところ「131,325円」という金額になりました。

つまり医療クリニックで脱毛する場合、サロンの3倍以上の費用が必要なわけです。

「13万はちょっと高すぎる」と思う人もいるかもしれませんが、クリニックでは「永久脱毛」が可能で、これだけの高額な費用に見合った施術を受けられます。

サロンを選ぶかクリニックを選ぶか——。料金と結果をじっくりと考慮し、自分の条件に合ったところで施術を受けて下さい。

初心者ならまず「お試しコース」を体験すべき

サロンも”お得”と称して色々なプランを勧めていますが、その中で初心者にピッタリなのが「お試しコース」です。

実際に施術を体験することでそのサロンの接客態度、脱毛技術、サービスなどが分かり、正規プランの参考になります。

なお申し込みは、店に直接連絡するより、特典付きのネット経由の方がお得です。行きたいサロンのサイトを開き、料金や条件を細かくチェックした上で手続きします。

その後はいよいよサロンに足を運ぶわけですが、まず最初に行われるのはカウンセリングです。

内容は、プランについての説明、希望部位や病歴の聞き取り、そして脱毛に関するガイダンスなど。絶好の機会なので、

「脱毛完了まで何ヶ月くらいかかるのか?」
「採用されている脱毛器は何か?」
「永久脱毛はできるのか?」

など、細かく質問してみましょう。

初日はこのカウンセリングだけで終わり、後日、施術を受けることになります。

施術の時は——

・スタッフのサービスの良し悪し
・施術に痛みがともなうのかどうか?
・術後の肌の保湿への気配り

などをしっかりチェックしましょう。

これで満足したら、そのまま契約へ進むことになりますし、不満だったら契約はせず、他のサロンをチェックすることになります。

最近は脱毛ブームということでサロンも次々と新規開店していますから、自分にピッタリのところにきっと出会えるはずです。

迷ったら「キレイモ」か「ジェイエステティック」にすべき

顔脱毛で人気を呼んでいる2つのサロンを紹介します。

最初は「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、渡辺直美、板野友美などが出ているテレビCMのせいで「知っている」という人も多いでしょう。

ここの顔脱毛の特徴は、他店よりも施術できる箇所が多いこと。そのため、他店に満足できずにキレイモに来た、という女性もいます。

続いてオススメするのは、「ジェイエステティック」。

ここで人気があるのが「フェイス6」。1回当たりの施術料が2,500円しかかからないので、人気を呼ぶのも当然でしょう。「リーズナブルな料金で顔脱毛がしたい」という人には最適。

「顔脱毛をしたいけど、どのサロンに行くべきか迷っている……」という女性は、ぜひ上記の2店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛の基本的な情報をお届けしました。

これ以降は、施術を続けるうちに生じる疑問点や、脱毛に当たっての要注意ポイントについて紹介していきましょう。

歯の治療中は脱毛できない?

毛が再び生えないようにするには、毛周期の関係もあって時間がかかります。
サロン通いが数ヶ月に及ぶこともしばしばなので、その間に歯を治療することもあるでしょう。

予約制で調整がきくとはいうものの、日を空けずに脱毛と歯の治療の両方が行われる場合があるかもしれません。何か問題が発生しないのでしょうか。

サロンに訊いてみると、「普通の歯の治療ならバッティングしても大丈夫」とのこと。

ただ、歯医者でもらう痛み止めに関しては、ちょっと問題があります。

実は一部の痛み止めには「光線過敏症(光過敏症)」を誘引する成分が含有されています。これは光によって肌に過剰反応が起こる症状で、施術するなら痛み止めを摂取するわけにはいきません。

かゆみやむくみ、水ぶくれなどが出ると面倒なので、痛み止めを摂った場合はスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみに虫歯に関しても、光の照射で痛みが増すことがあります。
無用なトラブルを避けるためにも、口付近の施術は後回しにした方がいいでしょう。

また、歯列矯正をしている時も注意が必要。光によって器具が熱くなることがあるので、口の周りの施術はやめておきましょう。

ただ、器具がプラスチックやセラミックで出来ているなら問題ありません。

このように施術の条件は複雑なので、必ずスタッフと話し合って脱毛して下さい。

ニキビができたら施術は延期?

脱毛ではレーザー系の特別な光を使うため、ごくまれに体調に影響を受ける人もいます。そのため、サロンでは施術についての様々な条件を設けています。

たとえば肌が異常に乾いていると施術できませんし、ムダ毛の自己処理がされていない場合も施術は不可能になります。

では顔にニキビがあるとどうなのでしょうか?

サロンに質問すると、ほとんどの店で「施術できます」ということでした。

というのも施術で使われるIPLという光は、毛乳頭・毛母細胞などの毛根組織にダメージを与えるだけで、ニキビには影響を及ぼしません。脱毛しても問題は発生しないのです。

ただ炎症の具合がひどい場合は注意が必要。照射で症状が進むこともあるので、施術するかどうかはスタッフと相談しましょう。

施術でシミやそばかすができるって本当?

現在主流になっている脱毛方法は、IPLやレーザーなど、メラニン色素に反応する光を肌に照射するというもの。

「そんな光が肌に当たったら、シミや黒ずみが残るのでは?」と不安を感じる女性もいるかもしれません。

確かに日光による日焼けは、シミ・そばかすの大きな原因となります。脱毛のライトも光度が大きいため、つい日光と同じ様に肌に害を与えるのでは、と考えがちです。

しかし、IPLというのは肌のケアのためにエステで使われてきた実績があります。いくら照射しても肌に害を与えるものではありません。

「でも『脱毛のせいで、シミや黒ずみが残った』という口コミをネットで見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

それに関しては、2つの理由が考えられます。

まず、ターンオーバーの進行により、深層にあったシミが肌の表面に出てきた、というもの。

施術で新陳代謝が促進され、シミ予備軍が肌の表に出てくるのはよくあることです。

ただ、それらはターンオーバーがさらに進むと大抵が消えてしまいます。

あと施術後の乾いた肌にうっかり傷がつき、それが痕になる場合。これをシミだと勘違いすることがあります。

ともかく、脱毛が直接の原因でシミや傷が残ることはありえません。
安心して施術を受けて下さい。

サロンに行く時、メイクはどうすればいいの?

いよいよ顔脱毛を始める時、女性が不安を感じることのひとつは、

「サロンに着くまで、スッピンでいなければならないの?」

ということ——。

素顔でも十分外出できる10代の女の子なら問題はありません。
しかし普段からメイクが欠かせない大人の女性にとって、スッピンで外出するというのは結構勇気のいる行為です。

先に結論を述べてしまうと、メイクをして出かけても大丈夫です。

大抵のサロンには専用ブースがあり、施術直前にメイクを落とせます。しかもスタッフが無料でメイクを落としてくれるサロンまであります。

ただ、設備やサービスがあるといっても、あまりにガッチリとメイクしていくと、それをオフするだけで時間が取られます。

やはり化粧は控えめにし、時間を節約するように心がけましょう。

以上、顔脱毛について様々な角度から紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページの情報を参考に、サロンで顔脱毛を受けてみて下さい。
施術していると、肌の状態も以前より改善されていくはずです。

ワキ脱毛に興味がある

「ワキ脱毛に興味があるけど何だか不安」という女性へ

うっとおしい梅雨が終わると季節は開放的な夏へ。
気温も上がることもあって、露出の多い服に挑戦したくなります。

ただ、その時に注意しなければならないのがワキに生えたムダ毛でしょう。

しっかりと処理ができていないと、腕を上げた時に他人がその様子をのぞくことになり、「だらしがない」と馬鹿にされてしまいます。

ただ、ワキ毛の自己処理というのはかなり面倒。カミソリを使うと毎日剃らないとブツブツが目立ってきますし、毛抜だと痛いので、処理自体が億劫になってしまいます。

「自己処理にウンザリしたからサロンで脱毛してみようか……」

ふとそんな思いが頭をよぎる女性も多いでしょう。でも初心者の場合、サロンで施術してもらうというのは結構ハードルが高いものです。

「施術って一体何回で終わるの?」
「完了までに何ヶ月通う必要が?」
「痛みがひどいって聞いたけど……」
「総額はどれくらいかかるの?」

これらの疑問がネックとなり、結局、サロンへ行くのをやめて自己処理を続けている、という女性が少なくありません。

そこで、それらの疑問の解決になるよう、ワキ脱毛の料金、特徴、サロンの選び方などについて紹介してみることにしました。

このページの情報が、自己処理で悩んでいる女性の助けになれば幸いです。

「脱毛」ってそもそもどんなもの?

ワキ脱毛の情報を紹介する前に、まず「脱毛とは一体どういうものか?」ということを簡単に説明してみましょう。

「脱毛」というと、針状の痛そうな器具でムダ毛を1本1本抜いていく、というイメージを抱いている人がいるかもしれません。
しかし現在、そんな方法はほとんど用いられていません。

それに施術のターゲットとなるのは、肌に伸びているムダ毛そのものではなく、皮膚の奥にある毛根部分なのです。

確かに何十年も前は電気の針で毛根を焼いたりしていたのですが、現在では技術の革新が進み、肌に特殊な波長の光を直接当てることで毛根にアプローチする方法をとっています。

IPLやレーザーといったものがその特殊な光です。いずれも皮膚は素通りして毛根の黒いメラニン色素だけに反応。すぐに熱エネルギーに変化するという特性を備えています。

ムダ毛が生えている肌に照射すると、毛母細胞、毛乳頭といった発毛を促進する組織が高熱に包まれ、ムダ毛が生えてくるのを阻害します。

長い脱毛の歴史上、この方法は画期的なものでした。おかげで特殊な技術だった脱毛は身近なものとなり、脱毛人口も急増。最近では顔、脚は当たり前で、VIOなどの特殊な脱毛も気軽に行われるようになっています。

その中でもやはりワキはずば抜けた人気部位。夏場になると肌を露出することが増えるため、「ムダ毛処理をするなら最初にワキから」と考えている女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集まっていて、汗をかきやすい場所でもあります。
汚れや老廃物などが他の部位よりも溜まりやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)といった病気や症状も生じやすいと言われています。

きれいなワキ肌をキープしたいなら、ムダ毛をなるべく早く脱毛し、肌に悪影響を与える自己処理は中止してしまうのがオススメです。

ワキ脱毛の施術回数、費用、痛みについて

上記の文章で、ワキ脱毛の長所がお分かりになったでしょう。

「すぐにサロンに通って脱毛したくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンと契約するとなると、以下のような点が気になるかと思います——

・施術回数は完了までどれくらいかかる?
・最終的な料金はいくらなのか?
・施術時の痛みは? あるとしたらどれくらいか?

これらの点について、順番に説明していきましょう。

まず施術回数です。実は脱毛というのは1、2回程度の施術では終わりません。
ムダ毛を完全に処理し、何年もツルツルの状態を保つには、意外に長い期間がかかります。

特にワキというのは施術しにくい部位。太い毛が集まって生えているうえに、他の部位に比べて毛根が深く、どうしても施術の回数が増えてしまいます。

もちろんサロンや体質によって違いはあるのですが、完了まで12回〜18回の施術は必要でしょう。

続いて費用について。これはサロンによって相当幅があります。古くからの顧客を抱えた高級店の中には、少しの施術でビックリするような料金を請求するところもあるとか……。

ただ、ワキ脱毛は初心者向けでさほど高い値段ではありません。

「その中でも特にリーズナブルな店はないだろうか」と考えてチェックしてみると、ぜひオススメしたい店がありました。

それは「ミュゼ」。雑誌の広告で知っている人もいるでしょう。

ここの「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」は、料金がたった100円です。これだけの安価で脱毛できるところは他にはない、と言い切っていいでしょう。
なるべく安く脱毛を行いたい、という初心者には最適です。

最後に、施術中の痛みの有無について。

上でも説明したのですが、現在サロンでメインとなっている方法では、IPLという光(フラッシュ)を使います。

このIPLはメラニン色素にだけ反応する特殊な光。
毛根組織にはこのメラニンが含有されているため、IPLはそこで光から熱に変わります。
すると毛乳頭、毛母細胞といった発毛を促す組織が高熱に包まれ、毛が伸びなくなります。

この方式は効率的なのですが、デメリットもあります。高熱が生じるせいで周りの皮膚も軽いヤケドとなり、痛みが多少生じてしまうのです。

もちろん、ヤケドといってもごく軽微なものにすぎません。ただ、光を当てられるたびにチクリとするのは不快なものです。

そこで、そのIPL方式の欠点をカバーするため、SSCという新方式が発明されました。

SSCではIPL方式に用いられてきたキセノンランプではなく、クリプトンライトを使います。

キセノンランプは単独で脱毛を行えますが、このクリプトンライトというのはそれだけでは毛根に効果はありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、まずムダ毛に専用ジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを照射すればIPL方式と同じように毛根部分が弱まり、発毛を食い止められるのです。

SSC方式の最大のメリットは「光の威力は弱くても効果がある」というところ。専用ジェルとのコンビで脱毛してくれるので、光による高熱は必要ありません。
これで周りの肌へのダメージがなくなり、痛みがはるかに軽くなります。

実は、上で紹介したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を採用しています。

「痛みが苦手なので脱毛なんてできない」という女性もいるようですが、ミュゼならそんな人でも安心して施術が受けられます。

ワキ脱毛を成功させるためのポイント

「価格、脱毛方式の点でミュゼがいい」と書きましたが、通える範囲にその店舗がない、という女性もいるでしょう。
そんな場合、他のサロンを探す必要があります。

ただ、最近脱毛人口が増えたため、新規サロンが次々とオープンしています。店があまりに多すぎて、初心者はどこがいいのか迷ってしまうでしょう。

また、各サロンのおすすめプランにしても条件がややこしく、どれを選べば本当にお得なのか判定がしずらくなっています。

そこでサロンを選ぶ際、注意すべきポイントを3つほどあげてみます。

施術可能回数が少ないプランはやめるべき

脱毛についてはまだまだよく知らないという人が多く、たとえば1、2回の施術でその部位のムダ毛はずっと生えてこない、と誤解している方がいるようです。

もちろんそれは正しくありません。1、2回程度の施術では、ムダ毛が生えないように処置することなど不可能です。確かに施術して1ヶ月以内に部位は無毛状態になりますが、さらに時間が経過すると毛は再生してしまいます。

脱毛を完全なものにするには、レーザーやIPLといった光を数ヶ月から数年、根気よく当てていかなければなりません。

しかもワキのように剛毛が密集する部位では、施術回数が12回〜18回に達するのが普通のことです。

ですから施術回数が10回以下の安いプランを契約してしまうと脱毛が完了せず、結局は追加施術をおこなうことになります。

そうなるとかかる料金は馬鹿になりません。
そんな事態を避けるためにも、施術回数がなるべく多いコースを選ぶようにして下さい。

契約前に返金制度や施術期限をしっかり調べる

サロンと契約すると、最低でも3年間はそこに通い続けることになります。

しかし施術を受けているうちに、脱毛効果や接客態度について不満を感じることもあります。
それがはなはだしいと契約を打ち切りたくなるでしょう。

中途解約したいと言うと、当たり前ですがサロンの方ではイヤな顔をします。色々と理由をつけ、返金額を減らそうとするところも少なくありません。

イヤな思いをしないためにも、中途解約する可能性がある場合、契約の詳細を事前に調べておくことが大事です。

またサロンによっては、施術期間にタイムリミットを設けていることがあります。
うっかり期限が過ぎると、お金を払ったのに施術ができないということになりますので、これも契約する前にチェックしておくべきです。

施術後のケアをしっかりやってくれるか?

上述したように、ワキは夏になると露出機会が増えます。
ムダ毛処理だけでなく、黒ずみなどの肌トラブルもケアしたいものです。

そのために大事なのは、肌の潤いをしっかりとキープすること。

脱毛サロンの中にはそのことを考慮し、施術後の保湿サービスをしっかりおこなってくれるところもあります。

こうした気の利くサロンなら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの違いとは

ワキ脱毛は、脱毛サロンと医療クリニックの両方で行えます。
この2つにはどんな違いがあるのでしょうか?

実は脱毛の原理については違いはありません。施術では、肌に特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を直接照射します。そして発毛を促す組織(毛母細胞、毛乳頭など)にダメージを与えるのです。

ではどこに違いがあるのかと言うと、その光の威力です。

レーザー光は、サロンのIPLの何倍にも達する破壊力を備えています。
毛根組織は完全に機能をなくし、ムダ毛は永久に生えてきません。

また、IPLでは完了まで10回以上施術が必要ですが、レーザー脱毛では数回しかかからないのです。

もし「脱毛を短期間で終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛を選ぶ方がいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜ安価なのか?

ワキ脱毛は料金が安いのが特徴。最初の脱毛でワキを選ぶ人が多いのは、その安さのせいもあります。

では、なぜワキ脱毛は安いのでしょう?

第1の理由は「ワキの面積がせまい」ということ。

実は脱毛料金は面積で決められることが多く、その点でワキは安価なバーツというわけです。

次の理由は、サロン側の”戦略”。

初心者は最初にワキ脱毛を選ぶため、「その料金を抑えて、施術へのハードルを低くする」とサロン側が考えているのです。

ワキは料金が安い上に、脱毛技術もすぐ分かります。その点でも、最初の施術はワキにしておきましょう。

完了後、効果に不満が残る場合は?

やっと施術完了したものの、その効果に不満が残る——。そんな時は施術を続行できますが、追加料金が結構かかります。

それがイヤなら他のサロンに乗り換えるのもいいでしょう。ただ、カウンセリングから始めることになるので、時間がムダになります。

こんな事態を避けるには、最初から高めの料金プランを選び、施術期間と回数にたっぷりと余裕をもたせましょう。

「脱毛するとワキ汗が増える」って本当?

最後に、脱毛後の”ある噂”について、述べておきます。

実はネットで「ワキ脱毛」を検索すると「脱毛後、ワキ汗が増えた」という口コミがいくつかヒットします。

そんな現象が、本当にありうるのでしょうか?

答えをまず言いましょう。——これは完全なデマです。

ただ、「ワキ汗の量が増えた」と誤解している人がいて、そんな人たちが口コミをネットに流しているようです。

調べてみると、

「脱毛後、これまでワキ毛でせき止められていた汗が肌を流れるようになり、量が増えたと錯覚する」

ということのようです。

つまり、感覚の問題にすぎません。汗の量は脱毛前と変わらないのです。

時間が経過すればその感覚にも慣れてしまい、違和感もなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛の情報、サロンの選び方などに関して、様々な観点から紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、お気に入りの脱毛サロンを見つけて下さい。

脱毛が完了すればワキへの視線も気にならなくなり、肌の状態もきっと改善されていくはずです。

脱毛に関する口コミ

全国展開をしている

各脱毛サロンの口コミまとめ

全国展開をしている脱毛サロンも数が最近になって一気に増え、各社がしのぎを削る状態になっています。

そんな有名サロンの評判を口コミサイトでチェック。いくつかのレビューを以下にまとめてみました——

キレイモ

「月額制は9,500円とリーズナブルなのですが、1度予約するとキャンセル不可なのがデメリットです。なるべくならギリギリに予約する方がいいかも

「白を基調とした店内はとてもキレイだし、スタッフの接客態度もキチンとしていて好感が持てます。施術の際に冷却ジェルを使わないのもいいですね」

銀座カラー

「300円の体験コースは保湿ケアもしっかりしてて、とてもワンコインでお釣りがくるとは思えない施術ぶりでした。1年間で8回全身脱毛できる点も助かります

「体験コースを受けたら、そこはカーテンで仕切られただけの部屋——。施術の時は完全個室だと思い込んでいたので、ちょっとガッカリです。ただ施術自体は美肌潤美ミストで肌がモチモチ。気持ち良さが体感できました」

ミュゼ

「通う前は全身を見られるのが何となく恥ずかしく、スタッフの対応も心配だったのですが、実際に行ってみると接客態度がとても良く、心地よく施術を受けられました

「カウンセリングの時もオプションの勧誘がなく、安心してプランが選べました

脱毛ラボ

「スピードコースは短い間隔で通えるので、脱毛完了までが早くてすみます。ただ支払いが一括でしかできないのがデメリット。18回パックだと30万なので、これを1回で払うのはさすがにキツイかも……。ただ早さを優先するなら、間違いなくこのサロンがいいと思います」

高崎の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛で肌荒れ?

かゆみを感じる

なぜ脱毛処理後に肌荒れなどが起こるの?

サロンや医療クリニックで脱毛処置を受けた後、「なんだか肌が赤くなった」「かゆみを感じる」「毛穴がむくんでいる」などの症状が出た人も多いはずです。

なぜこんな現象が起きるのでしょう?

サロンではIPL(インテンス・パルス・ライト)、医療クリニックではレーザーという違いはありますが、どちらも毛根のメラニン色素に反応して高熱を発生させ、その組織を破壊しています。

このことで脱毛効果を得るわけですが、毛根で発生する高熱はどうしても周りの皮膚にも影響を与え、軽いやけど状態を生じさせてしまいます。

そのせいで毛穴を中心に肌が赤くなったり、かゆみなどの症状が起こってしまうわけです。

サロンやクリニックでは、以下のように施術後の禁止事項をいくつか設けているところがあります——

・飲酒
・日焼け
・体温が上昇する行為(入浴、トレーニング、マッサージなど)

これらの行為の禁止は無用な肌トラブルを防ぐためのものです。

また、かゆみだけならともかく、それをかきむしってしまうと菌が入りこみ、毛嚢炎(もうのうえん)という病気にもつながりかねません。

なるべく上記の禁止事項を守り、デリケートな状態の肌をいたわるようにしましょう。

もし、赤みやかゆみをできるだけ早く直したいという場合は、

・脱毛した箇所をいつもより念入りに保湿する
・冷たい水で濡らしたタオルを脱毛箇所に当てる
・脱毛箇所に汗をかかないようにする

などの対処法を取って下さい。

なお、汗をかかないようにするのは、汗とともに肌の水分が排出されるのを防ぐためです。
夏場などは特に気をつけましょう。

高崎の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の頻度

施術頻度

脱毛完了までにかかる期間とその施術頻度は?

サロンやクリニックの脱毛というのは1回や2回では終わらないということを知っていましたか?

確かに光やレーザーを照射されるとしばらくはツルツルの無毛状態になるのですが、しばらくすると再びムダ毛は生えてきます。

これを数年、あるいは半永久的に生えないようにするには何回も施術に通わなければならないのです。

では脱毛頻度というのはどの程度のものなのでしょうか?

まず脱毛効果を得るための施術回数ですが、ムダ毛が薄くなり始めるまで8回〜12回。そしてムダ毛の自己処理が必要なくなるまでは12回〜18回ほどといわれています。

そしてこれだけの回数を終えるまでの期間がどれだけかかるかというと、12回だと1年から4年。18回ともなると1年半から6年かかります。

「脱毛ごときに6年!」と驚かれる人も多いでしょう。なぜこれほどかかるかというと、施術には毛のサイクル、いわゆる「毛周期」が関わっているからです。

この毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」3つの時期に分かれています。

施術するには退行期や休止期では意味がありません。効果があるのは成長期のムダ毛のみです。メラニン色素の黒色に反応する特殊な光を照射すると、その毛は1週間から2週間で抜けて落ち、1ヶ月から2ヶ月の間無毛状態になります。

休止期は、およそ1ヶ月から2ヶ月です。それぐらいの期間をおきながら施術を繰り返していくと、毛そのものが細くなっていき、本数も減っていきます。

このようにして繰り返し照射をすれば、脱毛が完了するわけです。

つまり、施術の頻度は1〜2ヶ月に1回。あるいは予約がとれずにもっと時間がかかる場合もあります。
施術を受ける場合はそのことを考慮にいれておきましょう。

高崎の人気脱毛サロンランキングTOPへ

セルフ脱毛

自己処理にピッタリ

自己処理にピッタリな電気シェーバーは?

勘違いしている人も多いのですが、サロンや医療クリニックで1回や2回施術をしてもらっても、脱毛効果はほとんど感じられません。「毛が薄くなった」「数が減ってきた」と実感するためには、回数にして12回、日数としては2年ほどかかります。

その間ムダ毛は生えてきますから、どうしても自己処理を続ける必要があります。

また、施術の際は長い毛が照射の邪魔になるので、前日に処理していかなければなりません。

その時に最適な器具とは何なのでしょうか?

答えは、電気シェーバー。カミソリや毛抜きは使うべきではありません。

女性には「電気シェーバーなんて買ったことがない」という方もいるでしょう。そこでレディース用の商品を部位別に紹介してみることにしました。

顔用

顔の産毛処理に便利なのが、パナソニックが発売している「フェリエES-WF60」。

この商品の最大のメリットは、化粧の上からでも使用できる、という点。電池式なので、外出先でも気軽に産毛処理が可能です。

ボディ用

電気シェーバーの有名ブランド・ブラウンの「レディーシェーバーLS5500R」がおすすめ。

シェーバーを押しつけることなく深剃りが可能なので、肌への刺激がさらにソフトになります。ムダ毛処理ばかりでなく、角質除去ができるのも大きなメリットです。

お手入れも簡単。充電式なのに本体をそのまま水洗いできます。

デリケートゾーン(VIO)用

アンダーヘアに特化したラヴィアの「iラインシェーバー5001-05」が特におすすめ。

デリケートゾーンをいたわる設計がされていて、肌への負担も少ないため、黒ずみ(色素沈着)を起こす心配がありません。

ほかにも、部位別のシェーバーは何種類もネットで売られています。
口コミを見ながら、自分に合った商品を探してみて下さい。

高崎の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛石鹸の効果

脱毛石鹸

脱毛石鹸の効果はどう?

脱毛関係の商品をネットで調べていると、「脱毛石鹸」というものを時々目にします。

これはムダ毛の除毛効果をうたった石鹸のこと。

成分をチェックしてみると——

・大豆由来の成分(大豆エキスや豆乳発酵液)が入っているもの
・チオグリコール酸が配合されているもの

の2つに分けられるようです。

まず大豆由来の成分が入っているものですが、大豆には胃腸で吸収されると女性ホルモンと似た作用をするイソフラボンという物質が含まれています。これをサプリなどで口から摂取すれば、確かに抑毛効果が期待できます。

ただ、大豆のイソフラボンが女性ホルモンと似たような働きをするためには、腸内の細菌によってエクオールという物質に変換されないといけません。ところがこの腸内細菌の働きが活発な人と活発でない人がいるため、「誰にでもイソフラボンは効果がある」とはいえないのです。

ましてや、石鹸は経口で成分を摂取するわけではないのですから、効果のほどは疑問と言わざるを得ません。

また、チオグリコール酸が含有されたものに関してですが、この成分は除毛クリームによく配合されています。

毛というのはその成分のほとんどが「ケラチン」というタンパク質。お互いが「ジスルフィド結合」と呼ばれる特殊な形でくっついています。

チオグリコール酸はこのジスルフィド結合を分解する作用を備えているので、「毛が溶ける」という現象を起こすことが可能です。

しかし、チオグリコール酸は肌に負担をかける物質です。さらにその効果をアップするために水酸化ナトリウム、水酸化カリウムなどのアルカリ性薬剤も添加物として配合されるため、肌への刺激がかなり強くなります。

これらのことを考えると、脱毛石鹸は使わない方がいいでしょう。

高崎の人気脱毛サロンランキングTOPへ

生理中の脱毛の施術

肌のバリア機能

生理中は脱毛の施術を受けられるの?

脱毛の施術というのは肌のバリア機能が一時的に衰えます。菌にも弱くなりがちなので、体調がすぐれない人は施術を受けるべきではない、といわれています。

では、生理中の女性の場合、施術は受けられるのでしょうか?

結論を先に述べると、経血によって感染症の恐れが生じるため、VIO脱毛については施術を断っているサロンが多いようです。

そして他の部位についても断られることが少なくありません。

なぜなのかというと、ホルモンバランスの不安定さが施術と関わってくるからです。

生理時は2つの女性ホルモン(「エストロゲン」と「プロゲステロン」)の分泌量が普段と大きく変わり、それによって体調不良などが生じてきます。

この2つのうち、エストロゲンの方はコラーゲンの生成を促す作用を備えていて、肌の張りを保持したり、丸みを帯びたフェミニンなボディーラインを作るのに重要な役割を果たします。

一方、プロゲステロンは「妊娠しやすい体」をサポートするホルモンですが、過度に分泌されると皮脂の量が増え、むくみが生じやすくなります。また、生理中に便秘になりがちなのも、このプロゲステロンのせいだといわれています。

排卵期が終わると、美肌効果を持つエストロゲンの分泌量が減少していき、プロゲステロンの分泌量が増加してきます。

そうなると皮脂の分泌も増え、外部の刺激から肌を守っている抗菌ペプチドという物質の量まで減ってしまいます。

生理前から生理中の時期に肌荒れやニキビなどの肌トラブルが起こりがちなのは、このように肌のバリア機能が衰えていくためです。

上述したように脱毛の施術はどうしても肌の状態に影響を与えます。生理中はさらなる肌トラブルが発生したり、脱毛効果まで下がってしまうケースもあります。

これらを考慮に入れると、やはり生理中の施術は避けた方が無難です。

高崎の人気脱毛サロンランキングTOPへ