2019年 4月 の投稿一覧

メンズ脱毛サロンをいかに選ぶか?

最近は真冬でも肌を露出するファッションが当たり前ですが、それだけ肌のお手入れには気をつけないといけません。
ただ熱心にコスメなどでケアしていても、いつの間にか伸びているムダ毛はお肌の魅力を半減させてしまいます。

他人に見られる前に熱心に剃ったり抜いたりしている人も多いと思いますが、実はカミソリや毛抜きなどはお肌の大敵です。それらのツールを使った自己処理というのは肌に大きな負担をかけ、埋もれ毛、色素沈着、皮膚の硬化といったトラブルを起こす危険性があります。

そこで利用する人が増えているのが、医療クリニックやサロンでの脱毛。
20年ほど前はビックリするほど高かった料金も脱毛方法の進歩によってディスカウントされ、現在ではすっかり一般的な価格になっています。

さらに脱毛人気は女性だけにとどまりません。男性でも施術を受ける人が増えています。

実は、日本で最初のメンズサロンがオープンしたのは、1986年。意外と歴史があります。

最初は顧客も少なかったようですが、21世紀になると男性でも身だしなみのために脱毛するということが当たり前となりました。そして、2011年を境にサロンの数も右肩上がりに増えてきています。それだけ近年は需要が高まっているということです。

やはり「毛深い男性は嫌い」という女性が多いため、モテるためにもムダ毛を処理したいという男性がサロンへ通っているようです。

ただ「一度脱毛したい」と思っていても、サロンというのは主に女性が行くところというイメージがあり、男性にとって敷居が高いものです。

また「施術料はいくらくらい?」「脱毛完了までに何ヶ月かかる?」「施術回数は?」などの疑問がネックとなり、結局は施術を断念してしまうという男性も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げてみました。メンズ専用の脱毛サロンに注目し、そこで導入されている脱毛方法、料金、完了までの期間、痛みの程度、そしてサロン選びの留意点について紹介していきます。脱毛に挑戦したい男性の方は、どうか参考になさってください。

光脱毛ってどういうもの?

光脱毛
ある程度お年を召した方に脱毛のイメージについて聞くと、「毛穴に細い針を刺して、毛根を焼くやつでしょ?」という答えが返ってくることがあります。

この返答は別に間違っているわけではありません。実際に以前のクリニックやサロンでは、針状の電極(プローブ)を毛穴に挿入し、弱い電気を通すという方法で、脱毛をおこなっていました。

この方法は、1869年にセントルイスの眼科医によって考案された「電気分解脱毛法」というもの。成功すると死ぬまで部位は無毛状態になるために人気を博し、改良されたマシンが日本にも持ち込まれました。そして「美容電気脱毛」(あるいは「ニードル脱毛」)として当時最も普及した脱毛方法となり、上記のような脱毛のイメージを生み出したのです(今でも一部のクリニックでおこなっています)。

ただ、この方法はひとつひとつの毛穴に細いプローブを手作業で差し入れていくため、かなりの労力と時間が必要です。そのためにコストも高額となり、施術を受けられる客は限られていました。

やがて、この美容電気脱毛よりずっと効率的な方法が米国で考案されます。それがレーザー脱毛です。

この方法は、毛根に触れることなくムダ毛を除去する、という点で革命的でした。

やがて、この原理によって「光脱毛」というさらに新しい脱毛方法が生み出され、現在のサロンで広く用いられるようになります。

光脱毛の原理&種類

ここで光脱毛に関して、少し詳しく解説してみます。

光脱毛では、その名前の通り特別な光線が使われます。光線はムダ毛に当てられると毛に含まれる成分・メラニン色素に反応します。

光線はメラニンに吸収され、熱へと変化。その高熱の影響で毛根の発毛器官が弱体化し、毛の産生が止まるわけです。

長期間に渡ってこの施術を続けることで毛の本数は徐々に減っていき、やがて部位がツルツルの状態になります。

光脱毛にもいくつか種類があり、現在は以下のようなものが使われています——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴を簡略に説明していきましょう。

まず、IPL方式。こちらは光脱毛の代名詞といえる方式で、サロンで1番よく使われています(「フラッシュ脱毛」とも呼ばれます)。インテンスパルスライトという広帯域の光線が使われ、上で説明したような仕組みで毛根の発毛器官を弱めていきます。

難点は照射時に痛みがあること。ただ非常に軽いもので、さほど問題にはなりません。

続いてSSC方式。「SSC」は「スムース・スキン・コントロール」を略したものです。

この方式は、IPLと違って光線と専用ジェルを併用します。

ジェルには、「トレジャービーンズ」というカプセルが入っています。ジェルを施術部位に塗ってクリプトンライトというものを照射すると、カプセルの有効成分が毛包へと染み込んでいきます。

その有効成分の中心となるのは「フィリニーブ」。セイヨウシロヤナギ、サリチル酸、イソフラボン、メントールなどで構成されています。抑毛効果は当然ですが、ほかに保湿・炎症抑制効果を備えているので、施術した後の肌トラブル対策もバッチリです。

脱毛効果を発揮するのはあくまでこのジェルなので、ライトは低温でもオーケー。ですから痛みはほとんどありません。

続いてSHR方式。「スーパーヘアリムーバル」を略した呼び名で、「蓄熱式」の別名を持ちます。

上の方式では毛根全体がターゲットでしたが、SHRはバルジ領域という部位が標的です。バルジ(bulge)は「ふくらみ」の意味で、名前通りちょっとふくらみのある毛根の一部。

このバルジ領域は毛球部を促して毛の産生を起こさせています。つまり、バルジ領域を弱体化すれば、ほかの毛根部分にダメージを与えなくても脱毛できるわけです。

バルジ領域は毛乳頭や毛球といった組織よりも肌の表面に近いところにあるため、低温でも十分な損傷を与えられます。
このことで痛みが大変軽い施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子にダメージを及ぼすため、メラニン色素が含まれていない毛でも処理できます。施術で使われる光線の温度は36度〜38度ですから、痛みはまったくありません。ただ、ヒゲの脱毛には向いていないので、他の部位のみの使用になります。

レーザー脱毛と光脱毛の比較

レーザー脱毛と光脱毛の比較
サロンでは上記の光脱毛が導入されていますが、医療クリニックではもっぱらレーザー脱毛の施術がおこなわれます。この2つがどう違うのか、いくつかの点で比較してみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、そして処理されるムダ毛の割合は、以下のようになっています——

・6回  約50%
・12回 約80%
・18回 約95%

一方レーザー脱毛だと、5〜6回施術すれば約95%のムダ毛が処理できます。

レーザー脱毛の原理は光脱毛とほぼ同じですが、射出パワーが段違いなので、施術の回数が激減するのです。

「なぜ全部の毛を一回で処理できないの?」と不思議に思う人がいるかもしれません。それは、IPLやレーザー光線が肌の外に出ているムダ毛にしか吸収されないためです。

毛には毛周期と呼ばれる発毛サイクルがあり、処理できるのは成長期のもの、つまり毛幹の毛だけです。
他の毛は肌の下に隠れているため、脱毛するには成長期まで待つ必要があります。
そのため、レーザーのようなパワーのある光でも、何回も施術しなければなりません。

施術コスト

光脱毛の料金の平均相場は、次の通りです——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・全身…164,700円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円

一方、レーザー脱毛の平均相場は次のようになっています——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・全身…401,945円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円

このように料金を比べると、サロンの光脱毛の方がかなりお得です。

痛み

光脱毛は、痛みに弱い人にとって最適の脱毛方法です。IPL方式ではそれでも少し痛みがありますが、他の方式だとほとんど痛みは感じられません。

もちろん、それだけ照射パワーは抑え気味で、効果が実感できるまでの施術期間は長くなります。

一方、レーザーは威力が相当強いため、照射時はどうしても鋭い痛みを感じます。ただ脱毛効果は抜群なので、この痛みは仕方ないとも言えます(痛みに敏感で耐えられない場合、局部麻酔を別料金でかけてくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みは瞬間的で、火傷のように長引くわけではありません。また施術によって毛の本数が減ると、それにつれて痛みは軽くなっていくので、そこは安心です。

ケアの有無

サロンの場合、脱毛に加えて美肌ケアをおこなうところが多く、特製ジェルに色々なケア成分が配合されていたり、施術後の冷却に十分な時間をかけたりしてくれます。

一方、レーザー脱毛だとクリニックということで至れり尽くせりのサービスは期待できず、冷却すらも省略される場合があります。

心地よいサービスを希望するなら、サロンの方にすべきでしょう。

光脱毛&サロンの良い点・悪い点

良い点・悪い点

良い点

・クリニックと比較すると圧倒的に料金が安い
・どの方式でも痛みが軽く、特にハイパースキン法なら全く痛みがない
・色々な顧客サービスが受けられる
・店内の内装も凝っていて心地よい

悪い点

・レーザー脱毛に比べると、施術が終わるのに長い期間が必要
・メラニンが少ない産毛などは、脱毛の効果があがりにくい

サロン選びで気をつけるポイントは?

気をつけるポイント
メンズ脱毛サロン選びで気をつけるポイントをいくつかあげてみます——

本当に顧客が男性だけなのか?

メンズ脱毛サロンというと、「訪れる客は男性だけ」と思いこみがちですが、実際は男性がメイン、というだけで、女性でも契約できるところもあります。

わざわざメンズ専門店を選んだ男性の中には、施術に訪れた姿を女性に見られたくないという人も多いでしょう。

それなのに、女性客が姿を見せる、というのはイヤなものです。

訪れる客が本当に男性だけなのかどうか、事前にサロンに聞いておきましょう。

男性脱毛士に施術してもらえる?

顧客は男性だけ、という店舗でも、男性スタッフが施術をするとは限りません。サロンの中には女性脱毛士が機器を操作するところもあります。

「女性スタッフは避けたい」という男性も多いと思いますので、男性の脱毛士を指名できるかどうか、あらかじめチェックしておくべきです。

ネットで店の施術技術を確認

これはメンズ脱毛サロンに限った話ではありませんが、店を選ぶ時は必ずネットで口コミをチェックすべきです。

男性と女性の脱毛では、大きく違う点があります。それは、施術の難しさです。

男性ホルモンの分泌が多い男性は毛が濃いため、女性と同じような施術では効果をあげるのが困難です。

そのためマシンの出力を高めたりといった工夫が必要ですが、これはベテランの脱毛士でないとなかなかできません。

つまり脱毛士の力量によって、効果の違いが大きく出てくるわけです。

ただ、サロン側はスタッフの経験が豊富なのか明かしてはくれませんし、カウンセリングや公式サイトだけでは、どの脱毛士がベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際の客が意見を書いているので参考になります。

サロン側のサービス

サロンで全身脱毛のコースを契約すると、最低でも2年ほどは施術に通う必要があります。

それだけ回数も多くなりますが、もしスタッフの態度が悪いと、快適な施術を受けることはできません。

どれだけ料金が格安でも、サービスが満足できないなら中途解約したくなるでしょう。

解約という羽目におちいらないためにも、サロン側のサービスについて口コミをチェックしておきましょう。

以上、脱毛に挑戦したいという男性のために、メンズ脱毛サロンについて色々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛サロンは数も増大し、その生き残り競争も激しくなっています。ディスカウントキャンペーンもひっきりなしにおこなわれているので、公式サイトなどを欠かさずチェックするようにしましょう。

医療脱毛クリニックを失望せずに選ぶには?

肌をキレイに保ちたい、という女性(あるいは男性)にとって、ムダ毛は邪魔者。
特に露出する部位についてはエチケット的にもその毛を処理することになります。

その際はやはりプロの手で脱毛してもらうのがベストの方策ですが、そうなると向かう先は2つに絞られます。つまり、脱毛サロンか医療クリニックです。

ちょっと前までは有名タレントやモデルが出演するコマーシャルにつられて、サロン通いをする人が圧倒的でした。ところが、近年は医療クリニックの魅力も認知されるようになり、「どちらにするか迷ってしまう」という人も増えてきています。

そこで、このページではそんな迷える脱毛希望者のために、医療クリニックの魅力や特徴を色々と解説してみることにしました。
メリット・デメリットはもちろん、たくさんあるクリニックの中でどれを選ぶか、そのポイントについても紹介します。

クリニック脱毛の魅力と特徴

脱毛の魅力と特徴
熟練したムダ毛の専門家が脱毛をおこなってくれるのは、現在のところサロンと医療クリニックしかありません。
そのうちでもクリニックを選ぶなら、事前にその魅力と特徴を確認しておいた方がいいでしょう。

1)最新のレーザーテクノロジーを応用

肌に特別なライトを照射して脱毛する点では、サロンもクリニックも変わりません。しかし、クリニックの場合、レーザー光線を使用するところが1番の特徴です。

レーザーによる脱毛を提唱したのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュです。2人が1983年、科学雑誌「サイエンス」に載せた「選択的光熱凝固理論」は、紀元前3000年ごろから続く脱毛の世界に一大変革をもたらしました。

それまで主流となっていた脱毛方法は、針に似た電極(プローブ)を使用する「ニードル脱毛」(別名「美容電気脱毛」)でした。これは「電気分解脱毛法」と呼ばれる方法で、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが1875年に考案したもの。プローブを通して毛穴に直流電流を流し、毛を生成する毛包を凝固化します。

後になって、ポール・N・クリーという人物がこの脱毛方法を普及させますが、なにしろ小さな毛穴に手作業でプローブを挿入していくために手間と時間がかかり、それだけ施術コストも高くなってしまいます(例えば、両脇脱毛でも料金は20万円になります)。しかも微弱とは言え、電流を通すために痛みも激烈。顧客側は時間の点でも痛みの点でも相当我慢を強いられます。

この状況をまたたく間に変えたのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛は、狭いビームスポットからレーザー光線を照射し、毛髪に3%だけ含まれているメラニン色素にアプローチします。レーザーは他の光線と違って単一の波長を持ち、射出された方向にどこまでも一直線に進みます。
また指向性が高く、小さな部位に集光することができるため、圧倒的なエネルギーを秘めています。

そしてもうひとつ大事な特性は、波長の調整によって特定の色だけに作用を及ぼす、というところ。つまり、青、黒、赤といった色の物質にレーザーを照射すると、それだけで大きなダメージを与えられる、ということです。

脱毛においては、黒色だけに反応するように波長を媒質・光学素子によって700nm〜1000nmにアレンジ。周辺の細胞は素通りするため、肌への直接の射出ができます。

メラニン色素に反応したレーザーは65度〜70度くらいの熱エネルギーに変わるのですが、この高熱が発毛をつかさどる毛母細胞、毛乳頭といった部位を破壊し、ムダ毛が生えないようにするわけです。

施術も単純で、波長をアレンジしてレーザーを照射するだけ。照射口であるビームスポットの直径はたった数ミリですが、1回の照射は100分の1秒ですむため、スピーディな施術が可能です。
ニードル脱毛のような時間のかかる作業はいりません。

マシンの開発当時は、媒質としてルビーを用いた光線しか射出できませんでしたが、これは白人向けのもの。まもなく黄色人種向けのアレキサンドライトが考案され、日本でも導入されました。現在はYAG、ダイオードなど、様々な媒質を用いたレーザー光線がそろっていて、毛の質やパーツに合わせて使い分けられるようになっています。

2)「永久脱毛」が可能

脱毛については、その施術の詳細が一般に理解されているとは言い難く、「マシンで1回光を照射してもらえば、その部位は死ぬまでツルツルだ」と思っている人がいます。

もちろん、それは違います。毛を成長させる毛球部分は丈夫な器官で、1回の照射程度では機能は保持されたままです。

またある部位のムダ毛をきれいに処理するには、毛周期という毛の成長サイクルにあわせて何回も照射を繰り返す必要があります。施術の頻度はおよそ2ヶ月に1度。繰り返し照射するうちに毛が薄くなっていき、そのうち部位がツルツルになって脱毛完了。
その期間は数年に達することもしばしばです。

ちなみにサロンでも毛根のメラニン色素に反応する光線を使いますが、そのパワーが弱いために、発毛器官はあくまで一時的に衰えるだけです。施術から数年も経過すると、毛は再び生えてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは強烈な破壊力を持つレーザー光線を射出するため、発毛機能がよみがえらない可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)レーザーを照射できるのは医師だけ

上のセクションでも述べましたが、サロンの脱毛方法はクリニックと同じような部分があるとは言え、マシンから照射される光の種類が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。また威力に関する限り、サロンの光線とレーザーとは相当な違いがあります。サロンのスタッフに資格がいらないのも、光線のパワーが限定されているからです。

一方、レーザー脱毛は破壊力抜群の光線を扱うので、操作上のちょっとしたミスでも重篤なケガにつながりかねません。そのため施術できるのは、事故が起こった時に対処できる医師に限られています。
もちろん、応急処置の可能な設備・器具もそろえてあるので、その点でも安心できます。

医療脱毛の利点と難点

利点と難点

利点

・施術をおこなうのは医師なので、トラブルが起こってもすぐ応急処置がとれる
・レーザー光線なら永久脱毛ができ、二度と毛が生えない可能性が高い
・脱毛完了に要する日数が短く、サロンよりはるかに施術回数が少ない

難点

・安価なコースが多いサロンと比べると、施術コストがかなり高め
・レーザー光線の痛みが強く、施術が怖くなる可能性がある
・炎症、毛膿炎といった肌トラブルが起こる怖れがある

サロンと医療クリニックの違いとは?

サロンと医療クリニックの違い
先に脱毛サロンとクリニックの違いを少しだけ述べましたが、ここでさらに相違点を箇条書きにしてみます——

料金

かなり前から脱毛サロンは目立つ広告を女性誌に載せていますが、そこには巨大な字で「お得なコースプラン」「今月の値下げキャンペーン」などと書かれています。これで分かる通り、サロンのメリットのひとつとなっているのは、その施術コストの安さです。

一方、クリニックは医療機関という事情もあり、費用が大きくディスカウントされることはあまりありません。

ここで、脱毛サロンと医療クリニックの料金がどれくらいなのか、表にしてみましょう。

まずは脱毛サロンから。知名度の高い大手サロン20社の公式サイトから、パーツごとの平均コストを計算してみたところ——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・全身…164,700円

という金額になりました。

続いて医療クリニックです。こちらも有名な20院の平均料金を計算しました——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・全身…401,945円

こうすると、医療クリニックの費用がサロンよりずっと高いことが一目瞭然です。特に目立つのは顔脱毛で、クリニックの施術料はサロンの3倍を超えています。

効果

サロンとクリニックでは脱毛方法の異なる機器を導入しているため、その効果にも結構な違いが出ます。

現在、サロンの脱毛方法は4〜5種類ありますが、その中で1番よく導入されているのがIPL脱毛です(フラッシュ脱毛、光脱毛とも呼ばれます)。

ワンショットで施術可能な範囲が広く、腕、背中、脚などの部位にはピッタリです。
照射出力も抑制されているので、痛みもそれほど強くありません。

さらに専用のジェルとクリプトンライトを用いるSSC脱毛、バルジ領域を標的とするSHR脱毛とハイパースキン法など、それぞれ長所・短所がありますが、いずれにしてもその効果はそんなに高くありません。つまり、「脱毛」とは言うものの、サロンの施術効果は毛根を一時的に弱体化する「抑毛」「減毛」にすぎず、無毛になったとしてもその効果は数年しかもたないのです。

一方、医療クリニックのレーザーは段違いのパワーを備えていて、脱毛完了後は毛がよみがえる可能性が低くなります。

保証

保証については、クリニックと脱毛サロンの間でほとんど違いはありません。

十分な効果が実感できるまで繰り返し施術可能な「永久保証」、一定期間のみ有効期限を延ばせる「期間保証」、未使用の前金を中途解約時に返してくれる「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方にあります。

ただ、種類や条件などについては各クリニックで相当異なるので、公式サイトなどで事前にチェックしておきましょう。

その他

クリニックとサロンの相違点を挙げる時、支店(支院)の数については見落とされがちです。

脱毛というのは一朝一夕にはいかず、部位の全体が無毛になるまで結構な日数がかかります。
大掛かりなプランになると、数年間も施術場所に通わなければなりません。

人によってはその期間中、生活環境がすっかり変わってしまうこともあります。転勤・引っ越しがその例ですが、引っ越し先に通っていたクリニックの支院がないため、前払いした料金が活かせなくなるケースも出てきます。

狭い部位なら2万円以下ですむかもしれませんが、手の込んだコースだと前払い金も20万円を越えるでしょう。転居後もそれをムダにしたくない、と思うのは当然です。

有名サロンなら全国色々な街に店舗があるため、転居先でもそれまでの契約を活用できる可能性が高くなります。ところがクリニックは支院が少ないので、引っ越し後は施術に行くことができないケースが多いようです。

ということで、もし引っ越しすることが多い人の場合、支店の多い有名サロンを選んだ方が無難だと言えるでしょう。

クリニックの選び方 その留意点

留意点

脱毛の保証期間をチェック

一旦脱毛を開始すると、指定された期間内に契約回数を終える必要があります。その期間は部位によって異なりますが、2〜3年というのが一般的です。
中には5年というところもあるので、多忙な人はそちらを選ぶといいでしょう。

リスクなどの説明は?

脱毛は特殊な器械を使うので、顧客にリスクを説明するのはクリニック側の義務です。公式サイトに、そのリスクが明記されているかチェックしましょう。

施術コストの設定は?

料金設定があいまいなクリニックは、高い料金をごまかそうとしていることもあるのでやめた方がいいでしょう。総額でどれくらいなのか、しっかり書いている医院の方が安心できます。

医師の情報ははっきり開示されているか?

施術を担当する医師の情報がサイトに書かれているか、あらかじめチェックしておきましょう。
情報を開示していないクリニックは、経営側が責任感に乏しい場合があります。

医師自身がカウンセリングを担当?

施術担当は医師ですが、カウンセリングについては看護士に一任するクリニックもあるようです。そんな態度はいい加減な施術につながるので、契約しない方が無難です。

以上、脱毛クリニックの技術の詳細、そして選ぶ際の留意点等について紹介してみました。いかがだったでしょうか。

クリニックに関しては、「施術料が高い」「レーザーの痛みが怖い」などの理由から敬遠する人も少なくないと思います。
ただ、部位を死ぬまでツルツルにしたい、と考えているなら、やはりクリニックのレーザー脱毛を推薦します。

どうかこのサイトの情報を参考に、自分に合った医療クリニックを探して下さい。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないコツとは?

最近、脱毛がずいぶん身近になり、わざわざサロンや医療クリニックに通って施術を受ける人も多くなってきました。

ただ「店に行きたいけどヒマがない」「契約したり予約を取るのが邪魔くさい」「股間やお尻などをスタッフに見られるのが嫌」といったことで店や医院に通えない、あるいは通いたくない人もいます。

そんな人たちの間で人気を呼んでいるのが家庭用脱毛器です。

「自分も買って試してみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ値段は安くありませんし、機種が多すぎてどれを選べばいいのか困ってしまうほどです。
安直に買ってガッカリしないためにも、脱毛方式の種類や効果、選び方のコツについて、事前に把握しなければなりません。

そこで、このサイトを作ってみました。家庭用脱毛器を買いたい、という人のために、ガッカリしないための選び方等について、説明していこうと思います。

家庭用脱毛器の発売と普及について

家庭用脱毛器
脱毛の歴史上画期的とされた理論、「選択的光熱凝固理論」が発表されたのは、1980年代になってからのことです。
その理論に基づくマシンが欧米で実用化されたのが1990年代、そして2000年代に入って日本でも特殊な光を使った脱毛機器が普及するようになります。

ただ、それらはあくまでプロが使う大型マシンで、家庭での自己処理のツールはまだカミソリ、毛抜、クリームなどしかありませんでした。

そんな中、2005年になって家庭用脱毛器「アイエピ」が売り出されます。

以前もライトによる脱毛器は販売されてはいたのですが、いずれも脱毛効果が高いとは言えず、「珍奇な新商品」という域にとどまっていました。ところがこの「アイエピ」はきちんとムダ毛が処理できるというので大変な評判となり、脱毛器を家庭に普及させる原動力となったのです。

そして2009年になって「イーモ」、2012年に「ケノン」の発売が始まり、一気に脱毛器市場が拡大。現在の小ブームをもたらすことになります。

ムダ毛で悩んでいた人にとって、家庭用脱毛器の発売は大きなニュースでした。

何しろサロンや医療クリニックの施術では、肌がツルツルになるまで数ヶ月から数年はかかります。
通うのがイヤになる人も多いですし、10万円以上の費用を覚悟しなければなりません。

それが家庭用脱毛器なら、プロ並みの効果が期待できる上に費用も大幅に節約できるのですから、すぐに売れ筋商品となったのも当たり前でしょう。

ただ脱毛器は、自分に合った機種を選ぶのが容易ではない、と言われています。
以下で説明する利点・難点や方式の良し悪しをしっかり把握して、自分にふさわしい脱毛器を見つけ出して下さい。

家庭用脱毛器選びで見逃せないポイントとは?

見逃せないポイント
下のセクションでも解説していますが、家庭用脱毛器には何種類かの脱毛方式があり、その違いが効果にあらわれます。

ですから買う側にも機種に関する知識が要求され、「たまたまバーゲンで値引きしていたから」といった理由で購入してしまうと、結局はガッカリする結果に終わります。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためには以下のようなポイントに気をつけましょう——

どれほどの照射出力があるか?

脱毛効果というのは個人個人によって感じ方が違うので一概にはいえませんが、脱毛器の照射出力が大きいほど効果も高い、というのが普通です。とにかく効果を重視したい人は、照射出力の大きいものがおすすめです。

ただ、出力が強まるとそれだけ毛穴や肌に刺激を与えやすく、火傷などの肌トラブルにつながる可能性もあります。トラブルを避けるには、出力を変えられる機種を選ぶべきです。

照射範囲はどれくらいなのか?

1回の照射でどれだけのムダ毛を処理できるかは機種によってかなり違うので、買う前にしっかりと調べておきましょう。

スムーズに手入れできないと処理自体が嫌になります。
「せっかく買ったけど三日坊主に終わった」ということにならないためにも、照射範囲の数値はしっかりチェックして下さい。

自分が脱毛したい部位に対処できるか?

人によってムダ毛をなくしたいパーツは違います。

家庭用脱毛器を購入する際は、「自分がどのパーツの処理に使う予定か」そして「その機種がどんな部位に使えるのか」を調べて下さい。

特に「顔」や「VIO」を処理したい人は注意しなければなりません。
全身脱毛はできても、デリケートな部位には対処不可のものが少なくありません。

公式サイトには対応部位が記載されてありますから、あらかじめチェックするようにしましょう。

コストパフォーマンスはどうか?

脱毛器の購入についてよく耳にするのは、本体そのものは格安で手に入れたのに、消耗品のカートリッジの価格が高くてガッカリする、というもの……。

家庭用脱毛器にはたくさんの機種があります。値段だけとっても2万円以下の安いものから、10万円を越えるハイレベルなものまで色々そろっていますが、ムダ毛を処理すると必ず消耗するカートリッジの維持費を忘れてはいけません。

脱毛器を買うと決めたら、本体の値段はもちろんのこと、カートリッジの価格、そしてその交換頻度についてもあらかじめチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器を使用する上でのメリットとデメリット

メリットとデメリット

メリット

・プロに任せるのに比べ、半分以下のお金でムダ毛処理ができる
・施術場所に出向く必要がなく、交通費と時間が節約できる
・他人に見られるのがイヤな部位も、思う存分脱毛できる

デメリット

・目で確認しにくい部位(うなじ・背中・ヒップ)の処理は、人の助けがいる
・自分で何もかもやらなければならないので、使うのがイヤになる
・脱毛処理に伴う肌トラブルの予防と対処が結構面倒くさい

家庭用脱毛器を使えば永久脱毛もできる?

永久脱毛もできる?
一言で言えば、家庭用脱毛器はサロンや医療クリニックの器械の小型版です。脱毛の原理自体は全く変わりません。

ただ、照射で起こりがちな火傷などを防ぐため、出力は相当抑えられています。そのため、いわゆる永久脱毛はできないようになっています。

ちなみに、永久脱毛はサロンや医療クリニックならどこでも可能というわけではありません。サロンに関しては施術はあくまで「抑毛」効果しかなく、毛はいずれ復活します。

永久脱毛したい人は、レーザーの施術ができる医療クリニックに出かけて下さい。

家庭用脱毛器の脱毛方式に関して

脱毛方式に関して
家庭用脱毛器で用いられている脱毛方式について、いくつか解説してみましょう——

フラッシュ式

フラッシュ式は家庭用脱毛器で1番ポピュラーな脱毛方式です。サロンのマシンと同じ原理で、IPLという特殊な光を使います。

この光を肌に当てると、表皮の奥の毛根部位が熱による損傷を受けます。そして長期に渡って照射をするうちに発毛器官が衰えていき、毛が伸びなくなっていくわけです。

第1の特徴はIPLの照射口が大きく、1ショットでムダ毛を処理できる面積が広いこと。そのために手入れも素早くでき、背中・腕・足といった広い部位には最適といえます。

照射出力は肌トラブルを起こさないように抑えられているので、安全性もバッチリ。また、痛みもほとんど感じずにすみます。

デメリットは、脱毛完了までの日数が長い点。それでも1年ほどIPLを当てていると、自己処理が不要になってきます。

レーザー式

医療クリニックで活用されているのがレーザー式脱毛です。ムダ毛にレーザー光が反応し、熱エネルギーに変化。その結果、毛根部位が損傷され、毛の発育が止まります。

光の照射範囲が狭いため、指などの細かい部位や脱毛しづらい剛毛を手入れしたい時にピッタリです。

脱毛完了までの日数も短く、3ヶ月も経てば効果が実感できます。

ただ背中・足といった広いパーツには向いていません。1回照射するのに手間と時間が必要で、打ち漏れも起こりやすくなります。

また、照射時の「痛み」も見逃せない欠点です。「痛みは思っていた以上で、うわっと叫んでしまった」「照射の直前は痛みを想像して冷や汗が出る」といった口コミがネットで見受けられます。

特に痛みを感じやすいのは脇、デリケートゾーン、骨付近のスネといったところで、もしこれらの部位を処理するのなら出力をかなり下げたほうがいいでしょう。

あと、レーザーが黒い部分(シミ、ホクロ、日焼け)に反応する場合があるので、シールやカバーをするか、照射そのものを止めるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ムダ毛をピンセット状の金属の先端でつかみ、微弱な電流を流すことで発毛をストップします。
光を用いないため、眉、額の生え際といった目の付近の部位も処理ができます。

また、他の方式では日焼け肌の毛・白髪は手入れが難しいのですが、高周波なら問題なく処理可能です。

ただ、1回の処理に手間と時間が必要なので、広い部位には向いていません。スピーディに手入れを終えたいのなら、フラッシュ式の方がいいでしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式は、いずれも熱を使って毛根に損傷を与え、発毛を阻害するというもの。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根への影響はありません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドに付けられた熱線によってムダ毛を手入れします。肌表面から外に出ている部分を焼き切るだけなので、毛は再び生えてきます。

ただ、毛先がカミソリの処理と違って丸くなるため、チクチクがイヤな人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーを肌に転がしてそのスリットにムダ毛を絡ませ、根こそぎ引き抜きます。

方法は毛抜と変わりませんが、広範囲をさっと処理できるのが利点です。
もちろん毛穴や肌に大きな刺激を与えるので、おすすめはしません。

家庭用脱毛器の価格はいくら?

価格はいくら?
家庭用脱毛器を買おうと考えた時、まず気になってしまうのがその価格でしょう。

ここでは各種のサイトを参考に、主要な家庭用脱毛器の値段をまとめてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も合わせて書いておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方cm
ワンショットあたりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショットあたりの単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方cm
ワンショットあたりの単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショットあたりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方cm
ワンショットあたりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方cm
ワンショットあたりの単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方cm
ワンショットあたりの単価…0.29円

一覧のうち、1番高価なのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番安いのは光エステの25,200円です(ちなみにさらに格安のものもあるのですが、それらは本当は「除毛器」なので取り上げていません)。

すでに説明したように、買う時にはカートリッジの価格を考慮しなければなりません。一覧には書きませんでしたが、カートリッジの値段がどれくらいなのか、自分でチェックしておきましょう。
本体とカートリッジの総額を比較することで、本当の値段の違いが分かります。

そして、1ショットの単価も重要です。

一覧を見て、「1ショットあたりの差額なんて問題にならない」と思う人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1回光を当てるだけでは終りません。2週間に1回の割で照射を続けていきます。つまり1ショットの少しの差額でも、蓄積されることでかなりの違いとなるのです。

最後に「照射範囲」のチェックも不可欠です。ショットの数は1回の照射範囲が大きいほど減少していきますから、その数値が大きい方がカートリッジも消耗せずにすみます。

なお、一覧では4xの照射範囲が狭いのですが、これは4xがレーザー式だからです。
フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンと比べると、相当な違いがあります。

広い部位を手入れしたい場合は特に、ワンショットの単価と照射面積をチェックしておきましょう。

以上、家庭用脱毛器の特徴やその選び方、利点・難点について解説してみました。いかがだったでしょうか?

何度も書いたように、家庭用脱毛器はその機種&方式によって効果が相当違ってきます。その詳細をあらかじめ知っておくことが、賢い購入のコツとなります。

ぜひ自分の目的・予算に合った機種を選び、楽しい脱毛生活を送って下さい。