2017年 11月 の投稿一覧

産後の濃いムダ毛を処理する方法について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠中に女性ホルモンが胎児の体に行き渡る影響により、男性ホルモンの割合が増します。

そのため、産後のホルモンバランスは乱れる状態となるので、肌の状態にも影響を与える形になります。

その上、男性ホルモンの割合が多くなるので、妊娠前と比べて濃いムダ毛が増えます。

なので、産後に剃刀を使ってムダ毛処理を施すと、妊娠前より力の加減がしにくくなるので深剃りするリスクが高まります。

なぜなら、産後は肌が敏感になる他にも濃いムダ毛が増えるからです。

肌の保湿を欠かさないことが重要

肌が外部からの刺激を受けやすいので、肌が剃刀負けして肌が荒れたり赤く腫れることになります。

さらに、産後の肌は乾燥の影響も受けやすいので、肌を保湿せずに剃刀でムダ毛処理を施すと、肌の乾燥を招く原因に繋がります。

理由として、産後は赤ちゃんの面倒を見る時間が必要となるので、ムダ毛処理の時間を短縮しがちになりやすいからです。

そのため、ムダ毛処理に割く時間を減らしつつ肌を傷つけない方法として、電動シェーバーがお勧めです。

電動シェーバーの刃は、肌に直接触れない構造となっているので、産後の敏感な肌であっても剃刀負けする恐れがないです。

その上、電動シェーバーは剃刀と違って濃いムダ毛であっても深剃りせずに剃りやすいので、深剃りによって肌を傷つけるリスクを減らすことも可能となります。

また、産後の肌は乾燥しやすいので、電動シェーバーを使う際も剃刀と同じように肌の保湿を欠かさないことで、ムダ毛処理によって肌が乾燥するのを防げます。

埋没毛ができる原因と埋没毛を解消する方法について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
肌に黒いぶつぶつができる原因は、誤った自己処理を肌に施すことで皮膚の中で毛が成長するからです。

特に、生えている毛を毛抜きで抜くことによって皮膚の中に埋もれている毛ができやすくなります。

他にも、埋没毛は毛を剃る際にもやり方を誤るとできやすくなります。

そして、埋没毛は脇や足といった濃い毛が生える部位に生えやすい上に、デリケートな部位であるビキニラインにも生えてきます。

さらに、埋没毛は放置することで炎症を起こすことになるので、黒いぶつぶつが毛嚢炎になる原因にも繋がります。

クリニックでレーザー脱毛を受けるのが1番早い

埋没毛から毛嚢炎になると肌荒れの原案に結びつく上に、炎症の跡が色素沈着の原因となります。

そのため、埋没毛を解消するのに手早い方法となるのは、クリニックでレーザー脱毛を受けるのが1番早いです。

けれども、レーザー脱毛は費用が高く掛かるという難点がありますが、それでも受けることで埋没毛に悩まされにくくなるというメリットがあります。

他にも、埋没毛を解消するには皮膚の中に残っている毛をニードル脱毛で脱毛することで、毛嚢炎を防ぐこともできます。

ただし、ニードル脱毛はレーザー脱毛よりさらに費用がかかることになるので、レーザー脱毛の方がお勧めされます。

とはいえ、ニードル脱毛にはレーザー脱毛にないメリットとして、一度脱毛を施した部位から無駄毛が生えなくなります。

つまり、埋没毛を解消するためにレーザー脱毛かニードル脱毛を受けるかは、無駄毛を処理したいかで選ぶのがポイントとなります。

脱毛サロンの勧誘の断り方について

脱毛サロンの勧誘を断るために

勧誘を断る女性
脱毛サロンに初めて通う際は、体験コースを受けると勧誘されてその日の契約を勧められる形になります。

そのため、脱毛サロンを利用する場合は体験コースに行くことで勧誘される前提で行くのが基本となります。

けれども、脱毛サロンでの勧誘の断り方を予め知らないと、スタッフによって勧誘されるがままに契約する可能性が高まります。

なぜなら、通う脱毛サロンを決めるのは、自分に合っているかどうかを直接確認するのが主な目的となるからです。

お金を使う主導権がないことを主張する

多くの店舗で体験コースを受けると、体験コースを利用する度に勧誘されることになります。

とはいえ、スタッフのペースに乗せられなければ、勧誘をうまく断りやすくなります。

そのため、相手が強く勧誘に出れなくなれば、勧誘するのを諦めてくれます。

特に、家族に相談しないとお金を自由に使えない旨を伝えると、お金を使う主導権がないことを相手にきちんと伝えれます。

それでも、スタッフがキャンペーンによる割引を強く勧めてきますが、相手に合わせず家に帰ってから決めることをはっきり言うのがポイントとなります。

お金を使う主導権がないことを主張することは、脱毛サロンを利用する可能性が低いことを伝えることにもなります。

なので、脱毛サロンの体験コースを利用した後は、家族と相談して脱毛サロンを利用すべきかどうかを相談するのが大切です。

アンダーヘアの脱毛でカミソリを使うとチクチクしやすい?

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛においてカミソリを使うとある問題点が発生する可能性があります。

それは剃った毛がチクチクしやすいという点で、これは剃った後に気になる部分かもしれないのです。

カミソリでアンダーヘアの脱毛を行うと、断面がそこまで綺麗に剃れない、鋭利になりやすいというのが言えると思うので、剃った毛が伸びてきたときにはそれが肌に当たってチクチクする可能性があるのです。

したがって、それが気になるという人がいる可能性もあるので、カミソリを使ってアンダーヘアの脱毛をするときにはそこをあらかじめ想定しておかないといけないのです。

デメリットをしっかりと認識する

チクチクすると、日常の中でどうしても気になってしまい、何かをしているときにも集中できないという可能性もあります。

そうなると、やはり問題点として認識される可能性があるので、アンダーヘアの脱毛をカミソリでやるときにはここはデメリットとして認識しておかないといけないのです。

カミソリを使ってアンダーヘアの脱毛を上手くやることができる人はなかなかいないと思いますから、どうしても剃った毛がチクチクしてしまうというのは共通点として発生すると思います。

そこを気にしないで済む人以外はアンダーヘアの脱毛をするときにはカミソリを使うのはおすすめできないということになりますから、そこは知っておいてほしいのです。

ワキガの原因と脱毛施設で脱毛を受けることでワキガの臭いを改善できる理由

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇毛の自己処理の際に毛抜きで毛を抜くとなりやすい傾向にあります。

なぜなら、毛を抜くことで脇の肌に刺激を与えるからです。

その影響により、脇に存在するアポクリン腺が活発化するので、アポクリン腺から出る汗の量が多くなります。

また、アポクリン腺は毛穴に隣接しているのでエクリン汗腺から出る汗と混じり、ワキガの臭いを放ちます。

そして、ワキガの臭いはアポクリン腺から出る汗が多くなるにつれて、汗が脂質や糖質を多く含むようになります。

なので、毛抜きによる誤った自己処理を脇に施すことで、ワキガを進行させることになります。

そのため、脇毛を処理する際に脱毛施設を利用することで、アポクリン腺を刺激しないだけでなくワキガを悪化させるリスクを抑えれます。

サロンやクリニックでの脱毛処理

脱毛施設となるサロンやクリニックで行われる脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛となるので毛を抜く処理は行われません。

けれども、サロンは医療機関でない上に光脱毛はレーザー脱毛より効果が劣るので、脱毛効果に拘るならクリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。

ちなみに、脱毛施設で脱毛を受けると脇毛の毛根を破壊することができるので、脇毛の生え方を遅くできます。

さらに、脱毛施設に通うほど脇毛の生え方がより遅くなる上に、最終的に脇毛が完全に生えない状態となります。

つまり、脇毛が無くなることで誤った自己処理を脇に施す必要がなくなるので、アポクリン腺を刺激する恐れが無くなります。

それに加えて、脇毛がなくなるとアポクリン腺の汗が脇毛につかなくなるので、ワキガの臭いを抑えることが可能となります。